【回転窓】日本の高齢化対策の知見 画像 【回転窓】日本の高齢化対策の知見

ライフ

 「高齢化社会」と「高齢社会」。人口に占める65歳以上の割合によってこの二つの言葉が使い分けられると知人に教わった▼65歳以上の割合が7%を超えると「高齢化社会」、14%超になると「高齢社会」、21%超で「超高齢化社会」。日本は2007年に21・5%となり、超高齢化社会に突入した。知人によると、この高齢化率が速いほど、社会や経済に与える影響が大きくなるという▼日本は、7%から14%へ移行するまでの期間が24年だった。フランスは115年、英国は47年、ドイツは40年だったというから、日本の高齢化は世界に例のないスピードで進んでいる▼ただし、これは日本だけの問題ではないようだ。タイやベトナムは22~24年で14%を超すとされる。こうしたタイの状況を踏まえ、国際協力機構(JICA)は政府開発援助で高齢化対策への支援を実施中だ。もちろん日本の介護制度などをそのままは持ち込めないため、タイの国情に合った対策を日本の厚生労働省とタイ政府が共同で検討している▼日本の対策も必ずしもうまくいっているとは思えないが、その知見が少しでも役立てばと思う。

回転窓/日本の高齢化対策の知見

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 「敬老の日」調査、60代の親へのギフト市場は健康がトレンド!?

    「敬老の日」調査、60代の親へのギフト市場は健康がトレンド!?

  2. 建築学会シンポ「スタジオジブリ・宮崎吾郎氏に聞く」/記憶と創造で生まれるオリジナリティー

    建築学会シンポ「スタジオジブリ・宮崎吾郎氏に聞く」/記憶と創造で生まれるオリジナリティー

  3. 介護食品の展示会、過去最多参加…福祉施設調理員不足で需要増

    介護食品の展示会、過去最多参加…福祉施設調理員不足で需要増

  4. わが子の姿勢、「よい」は7.6%…ランドセルメーカーが保護者対象に調査

  5. タグチ工業、夏休みイベント向けロボットアトラクション「スーパーガジラ」発表

  6. 首都高8月の渋滞ピークはお盆前の金曜日、その理由は?

  7. 素人の家庭料理を提供、「日替わり母ちゃん食堂」がスタート

  8. 厚労省が建設業団体に交通事故死の防止要請、現場~事務所往復時の発生が大半

アクセスランキングをもっと見る

page top