TPP、最大の受益国はマレーシアとベトナム? 画像 TPP、最大の受益国はマレーシアとベトナム?

海外進出

TPP協定発効後の経済成長とGDPの伸び率を予測
シンガポールベースの研究家でエコノミストのマイケル・ワン氏は、TPP(環太平洋パートナーシップ)協定発効後、12カ国の中でマレーシアとベトナムが最大の受益国、マレーシアは、GDP (国内総生産)が5%、ベトナムは、2025年までに10%を予測。

マイケル・ワン氏は、製造業分野では、ベトナムとマレーシア両国が最もメリットある国として経済成長予測を伝えた。

TPP協定の伸び率と経済成長セクター
TPP協定の非アジア国では、FDI(直接投資)の流用や貿易によるマイナス要因も予測されるが最終的には2~7%のGDP伸び率となりTPP協定12カ国にとって大きなメリットがあるとも伝えられた。

ピーターソン研究所の調べによるとベトナムの経済成長のセクターとしは、繊維製品、アパレル、フットウエア、エレクトロニクス、建設。

マレーシアは、エレクトロニクス、アパレル、フットウエア。シンガポールは、機械や輸送関連セクターである。

フィッチ・レーティングの懸念と予測
フィッチ・レーティングは、TPP協定発効後は、短期的には、経済見通しは変わらないが長期的には、経済統合統一により多大な貢献、世界で最大の貿易圏となると伝えている。

但し、TPP協定の非参加国との貿易と投資を遠ざける懸念もある。

日本、アメリカからタイやインドネシアへのFDI投資や貿易の流れが今後、ベトナムとマレーシアへと変わる可能性から、ベトナムとマレーシア両国のGDP伸び率、生産性、経済成長を予測している。

(画像はピーターソン研究所ホームページより)

マレーシアがベトナムと共にTPP 協定の 最大の長期受益国へ

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

    盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  2. アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

    アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

  3. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

    ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  4. 世界に向けた和食や鮨の認定制度、食のアイデンティティーは守られるのか?

  5. フジオフードシステム、ベトナムで「串家物語」などFC展開 

  6. 長大、ベトナムで地域創生支援事業展開、農業テーマパークも!

  7. アルバイトタイムス、ヤンゴンに支店を設立、初の海外進出

  8. アジアの飲食が集結! 大阪で「アジア・フードショー2015」開催

  9. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  10. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

アクセスランキングをもっと見る

page top