国交省、副大臣に山本順三氏と土井亨氏…政務官も3氏交代 画像 国交省、副大臣に山本順三氏と土井亨氏…政務官も3氏交代

インバウンド・地域活性

 第3次安倍改造内閣の発足に伴い、政府は9日の閣議で各府省の副大臣と政務官人事を決定した。国土交通省は副大臣、政務官がすべて交代。新たな副大臣に山本順三参院議員(内閣府副大臣、復興副大臣兼務)、土井亨元国交政務官、政務官には宮内秀樹衆院議員、津島淳衆院議員(内閣府政務官兼務)、江島潔参院議員がそれぞれ起用された。いずれも自民党からの起用。
 【副大臣】
 山本 順三氏(やまもと・じゅんぞう)早大卒、参院愛媛選挙区。当選2回。60歳(自民)。災害対策関係施策、土地・建設産業、水管理・国土保全、住宅、鉄道、自動車、国際、気象関係施策の総括
 土井 亨氏(どい・とおる)東北学院大卒、衆院宮城1区。当選3回。57歳(自民)。安全・危機管理、海上保安関係施策、国土施策、都市、道路、海事、港湾、航空、北海道開発、観光関係施策の総括
 【政務官】
 宮内 秀樹氏(みやうち・ひでき)青山学院大卒、衆院福岡4区。当選2回。52歳(自民)。災害対策関係施策、土地・建設産業、水管理・国土保全、鉄道、自動車、気象関係施策
 津島 淳氏(つしま・じゅん)学習院大卒、衆院青森1区。当選2回。48歳(自民)。国土施策、都市、住宅、航空、北海道、観光開発関係施策
 江島 潔氏(えじま・きよし)東大大学院修了、参院山口選挙区。当選1回。58歳(自民)。安全・危機管理、海上保安関係施策、道路、海事、港湾、国際関係施策

国交省/副大臣に山本順三氏と土井亨氏/政務官も3氏交代

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

    遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  2. 富裕層インバウンドの法則その5

    富裕層インバウンドの法則その5

  3. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  5. 青函トンネルの大規模修繕、トンネルの延命化へ

  6. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】札幌から「地の利」を生かしたデータ処理事業を展開する恵和ビジネス

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 新橋・田村町地区の再開発、高さ150メートルの超高層ビルも

  9. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  10. 【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

アクセスランキングをもっと見る

page top