国交省、副大臣に山本順三氏と土井亨氏…政務官も3氏交代 画像 国交省、副大臣に山本順三氏と土井亨氏…政務官も3氏交代

インバウンド・地域活性

 第3次安倍改造内閣の発足に伴い、政府は9日の閣議で各府省の副大臣と政務官人事を決定した。国土交通省は副大臣、政務官がすべて交代。新たな副大臣に山本順三参院議員(内閣府副大臣、復興副大臣兼務)、土井亨元国交政務官、政務官には宮内秀樹衆院議員、津島淳衆院議員(内閣府政務官兼務)、江島潔参院議員がそれぞれ起用された。いずれも自民党からの起用。
 【副大臣】
 山本 順三氏(やまもと・じゅんぞう)早大卒、参院愛媛選挙区。当選2回。60歳(自民)。災害対策関係施策、土地・建設産業、水管理・国土保全、住宅、鉄道、自動車、国際、気象関係施策の総括
 土井 亨氏(どい・とおる)東北学院大卒、衆院宮城1区。当選3回。57歳(自民)。安全・危機管理、海上保安関係施策、国土施策、都市、道路、海事、港湾、航空、北海道開発、観光関係施策の総括
 【政務官】
 宮内 秀樹氏(みやうち・ひでき)青山学院大卒、衆院福岡4区。当選2回。52歳(自民)。災害対策関係施策、土地・建設産業、水管理・国土保全、鉄道、自動車、気象関係施策
 津島 淳氏(つしま・じゅん)学習院大卒、衆院青森1区。当選2回。48歳(自民)。国土施策、都市、住宅、航空、北海道、観光開発関係施策
 江島 潔氏(えじま・きよし)東大大学院修了、参院山口選挙区。当選1回。58歳(自民)。安全・危機管理、海上保安関係施策、道路、海事、港湾、国際関係施策

国交省/副大臣に山本順三氏と土井亨氏/政務官も3氏交代

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 兵庫県明石市/西明石駅前旧国鉄清算事業団用地開発、マンションや公共施設

    兵庫県明石市/西明石駅前旧国鉄清算事業団用地開発、マンションや公共施設

  3. 八戸市の屋内スケート場建築、69億4000万円

    八戸市の屋内スケート場建築、69億4000万円

  4. リニア新幹線、天竜川橋梁の詳細設計着手へ/品川~名古屋間で2番目に長い橋梁

  5. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  6. 北海道新幹線の工事計画が変更、札幌駅直前までトンネルに

  7. 【つくばエクスプレス開業10周年-沿線開発の歩み・1】周辺開発進み街が発展……千代田区長・石川雅己氏

  8. 宮城県/女川町出島と本土を結ぶ「出島架橋」工事着手へ

  9. リニア新幹線/梶ケ谷非常口新設で建設発生土の貨車輸送開始/環境負荷の軽減

  10. 「キャベツサイダー」登場! 捨てるなんてもったいない、外葉や芯からエキスを抽出

アクセスランキングをもっと見る

page top