国交省、副大臣に山本順三氏と土井亨氏…政務官も3氏交代 画像 国交省、副大臣に山本順三氏と土井亨氏…政務官も3氏交代

インバウンド・地域活性

 第3次安倍改造内閣の発足に伴い、政府は9日の閣議で各府省の副大臣と政務官人事を決定した。国土交通省は副大臣、政務官がすべて交代。新たな副大臣に山本順三参院議員(内閣府副大臣、復興副大臣兼務)、土井亨元国交政務官、政務官には宮内秀樹衆院議員、津島淳衆院議員(内閣府政務官兼務)、江島潔参院議員がそれぞれ起用された。いずれも自民党からの起用。
 【副大臣】
 山本 順三氏(やまもと・じゅんぞう)早大卒、参院愛媛選挙区。当選2回。60歳(自民)。災害対策関係施策、土地・建設産業、水管理・国土保全、住宅、鉄道、自動車、国際、気象関係施策の総括
 土井 亨氏(どい・とおる)東北学院大卒、衆院宮城1区。当選3回。57歳(自民)。安全・危機管理、海上保安関係施策、国土施策、都市、道路、海事、港湾、航空、北海道開発、観光関係施策の総括
 【政務官】
 宮内 秀樹氏(みやうち・ひでき)青山学院大卒、衆院福岡4区。当選2回。52歳(自民)。災害対策関係施策、土地・建設産業、水管理・国土保全、鉄道、自動車、気象関係施策
 津島 淳氏(つしま・じゅん)学習院大卒、衆院青森1区。当選2回。48歳(自民)。国土施策、都市、住宅、航空、北海道、観光開発関係施策
 江島 潔氏(えじま・きよし)東大大学院修了、参院山口選挙区。当選1回。58歳(自民)。安全・危機管理、海上保安関係施策、道路、海事、港湾、国際関係施策

国交省/副大臣に山本順三氏と土井亨氏/政務官も3氏交代

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

    堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

    日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  4. 東京・豊洲「千客万来施設」、6街区を整備

  5. 電動一輪車「ワンホイール i-1」のテストモニター100台追加

  6. 大阪府池田市で大阪モノレール石橋地域の延伸計画、16年度から実現可能性検討

  7. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  8. ■ニュース深掘り!■ 富裕層向けインバウンドビジネス

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  10. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

アクセスランキングをもっと見る

page top