「6.3.3.4制」にこだわらない高専改革……自民党 画像 「6.3.3.4制」にこだわらない高専改革……自民党

インバウンド・地域活性

 産業界から高い評価を受ける高等専門学校(高専)をめぐり、自民党が改革提言をまとめた。提言は、修業年限と学位のあり方の研究や県立工業高校の高専化による高専の全県設置などを盛り込んだ。大学・高校教育を時代の変化や社会の要請に合ったものにする「高大接続」の一環として議論するため、幅広い教育制度改革につながる可能性を持つ。

 「現行の(小中高大)6・3・3・4制にこだわる必要さえない」―。自民党文科部会は、議員連盟から出された提言を9月の会合で了承。同部会幹部からはこんな声が出た。

 改革の具体策として複数のアイデアがある。その一つが、高専教育の種類や内容を大学並みに拡充し、本科の修業年限を5年から6年に延ばすことで、大学卒業生と同じ扱いにする案。これが実現すれば、高校―大学のコースを進んだ場合よりも1年早く大学院に進める。

 高専卒業生は就職に困らないにもかかわらず、本科卒業生の約4割が専攻科進学か大学編入を選んでおり、特に都市部は“普通の進学校”になっている。

 一方で、検討案は大学・大学院を意識した教育になり、「15歳からの早期専門教育」という高専制度とかけ離れる可能性もある。

 人口減少と少子高齢化の日本が国際的に存在感を保つためには、教育の充実が欠かせない。制度改革と同時に、そもそも高専の成功要因は何か。高専制度について国民的な周知や議論も必要だ。
(文=米今真一郎)

「6.3.3.4制」にこだわらないー自民党が高専改革の提言

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

    東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  3. 「高校野球」が教えてくれる、サービス業型産業の成長性

    「高校野球」が教えてくれる、サービス業型産業の成長性

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  6. 新宿住友ビル大規模改修、目玉は巨大アトリウム!

  7. 【リピーターを呼ぶお土産、強さの秘訣:3】下鴨茶寮の粉しょうゆ

  8. 【地方発ヒット商品の裏側】岐阜の油問屋と和菓子職人が手がけた「大地のかりんとう」

  9. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  10. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top