大和証券がミャンマーで「証券会社免許」を取得 画像 大和証券がミャンマーで「証券会社免許」を取得

マネジメント

投資市場の一端を担う現地法人が免許を取得
株式会社大和証券グループ本社(以下「大和証券」)は10月8日、同グループのミャンマー現地法人であるミャンマー証券取引センター株式会社(Myanmar Securities Exchange Centre Co., Ltd.:MSEC)が10月7日に同国財務省傘下のミャンマー証券取引委員会(The Securities and Exchange Commission of Myanmar)より、証券会社免許交付の通知を受けたことを発表した。

MSECはミャンマーの国営銀行であるミャンマー経済銀行 と、大和証券の100%子会社である大和インターナショナル・ホールディングスが50%ずつ資本を持つ現地法人。1996年にヤンゴンで設立された。

設立以降は、現地投資環境などの情報提供や、株式店頭市場を運営し、ミャンマー投資市場の一端を担っている。

ミャンマー初の証券取引所で取引が可能に
ミャンマーは2011年の民政移管以降、経済・資本市場が急激に改革され、日本をはじめ世界中から注目が集まる国である。

豊富な人口、高い識字率、勤勉な国民性だけでなく、天然資源にも恵まれているのが特徴だ。さらに、インドと中国に挟まれた地政学上の重要性も高い。

また、今年中に開業される予定の「ヤンゴン証券取引所」の発展にも大きな期待が寄せられている。

MSECは今回の「証券会社免許」取得により、ミャンマー初の証券取引所で株式や債券の売買取引を行うことが可能となった。

(画像は株式会社大和証券グループ本社より)
《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

    鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

  2. 国交省が「事業促進PPP方式」の導入効果を整理

    国交省が「事業促進PPP方式」の導入効果を整理

  3. 物流デベロッパー・トップの視点(1):欧米・アジアで展開するプロロジス・山田御酒社長

    物流デベロッパー・トップの視点(1):欧米・アジアで展開するプロロジス・山田御酒社長

  4. 中小企業の利用も拡大中……マイナンバー対策など牽引で国内の企業向け研修サービスが拡大傾向

  5. 上場ゼネコン4社4~6月期決算、民間建築受注好調で土木の落ち込みをカバー

  6. 社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表

  7. パシコンの長期経営ビジョン、30年に売上高1000億円以上実現へ

  8. 「歩切り」ほぼ根絶、11月時点で実施は3団体に、端数処理が焦点

  9. JR東海のリニア中央新幹線、工事発注手続きが本格化

  10. 物流デベロッパー・トップの視点(8):三井不動産、多様なリレーションが奏功

アクセスランキングをもっと見る

page top