自治体のロボット振興続々…山形県も研究会設立 画像 自治体のロボット振興続々…山形県も研究会設立

インバウンド・地域活性

 【山形】山形県は県内のロボット産業振興に向けて、10月下旬に「やまがたロボット研究会」を設立する。県内企業、山形大学工学部、県工業技術センター、金融機関などの連携により、ロボット技術を活用した自動車や医療・健康・福祉、食品・農業など成長分野への事業拡大につなげる。当初は企業ニーズを把握し、テーマ別に分科会を組織して、新たな製品開発やサービスなどを探る。

 山形県はやまがたロボット研究会への入会申し込みを県内モノづくり企業を中心に始めた。当初の参加企業は約50社を見込んでいる。

 電気・電子など要素技術の複合化による研究を進め、付加価値の高い製品開発などを狙う。事務局は県商工労働観光部工業戦略技術振興課に置く。

 県は研究会の創設を踏まえ、26日に山形市のホテルメトロポリタン山形で、やまがたロボット研究会設立記念セミナーを開く。

 セミナーでは、産業技術総合研究所の大場光太郎ロボットイノベーション研究センター副研究センター長が「ロボット産業の展望と産総研におけるロボット研究について」、北河博康三井住友海上火災保険公務開発部開発課長が「次世代ロボットの実用化と事業化リスクについて」をテーマに、それぞれ講演する。

ロボットを打ち出す地方が続出。山形県もロボ研究会設立

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  2. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  3. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  6. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  7. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  10. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

アクセスランキングをもっと見る

page top