自治体のロボット振興続々…山形県も研究会設立 画像 自治体のロボット振興続々…山形県も研究会設立

インバウンド・地域活性

 【山形】山形県は県内のロボット産業振興に向けて、10月下旬に「やまがたロボット研究会」を設立する。県内企業、山形大学工学部、県工業技術センター、金融機関などの連携により、ロボット技術を活用した自動車や医療・健康・福祉、食品・農業など成長分野への事業拡大につなげる。当初は企業ニーズを把握し、テーマ別に分科会を組織して、新たな製品開発やサービスなどを探る。

 山形県はやまがたロボット研究会への入会申し込みを県内モノづくり企業を中心に始めた。当初の参加企業は約50社を見込んでいる。

 電気・電子など要素技術の複合化による研究を進め、付加価値の高い製品開発などを狙う。事務局は県商工労働観光部工業戦略技術振興課に置く。

 県は研究会の創設を踏まえ、26日に山形市のホテルメトロポリタン山形で、やまがたロボット研究会設立記念セミナーを開く。

 セミナーでは、産業技術総合研究所の大場光太郎ロボットイノベーション研究センター副研究センター長が「ロボット産業の展望と産総研におけるロボット研究について」、北河博康三井住友海上火災保険公務開発部開発課長が「次世代ロボットの実用化と事業化リスクについて」をテーマに、それぞれ講演する。

ロボットを打ち出す地方が続出。山形県もロボ研究会設立

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

  5. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  6. 徳島県藍住町の文化ホール再生、福祉や保険も含めた複合施設に

  7. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  8. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  9. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  10. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top