「マッサン」効果衰えず…ニッカ、蒸留所見学者100万人超え 画像 「マッサン」効果衰えず…ニッカ、蒸留所見学者100万人超え

インバウンド・地域活性

 ニッカウヰスキーの余市蒸留所(北海道余市町、写真)と宮城峡蒸留所(仙台市青葉区)の2015年見学者が、合計100万人を突破した。内訳は余市が74万3000人で宮城峡が25万7000人。14年の見学者は余市が前年比65%増の46万7000人、宮城峡が同27%増の20万3000人で、NHKの朝のドラマ「マッサン」が終了した後も人気が衰えない。

 余市蒸留所は世界でも数が少なくなった伝統製法「石炭直火蒸溜」を行っている点が特徴。ポットスチル(単式蒸溜器)が7台あり、7号機の底の部分を見学できる。

「マッサン」効果衰えず―ニッカ、蒸留所見学者100万人超え

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  3. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

    都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  4. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  5. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  6. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  7. 中野二丁目地区再開発、低層部には商業施設

  8. 朝日温海道路の新潟県内区域工事、約50%がトンネルや橋梁に!

  9. 追手門学院、東芝大阪工場跡地に新キャンパスを計画

  10. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

アクセスランキングをもっと見る

page top