「マッサン」効果衰えず…ニッカ、蒸留所見学者100万人超え 画像 「マッサン」効果衰えず…ニッカ、蒸留所見学者100万人超え

インバウンド・地域活性

 ニッカウヰスキーの余市蒸留所(北海道余市町、写真)と宮城峡蒸留所(仙台市青葉区)の2015年見学者が、合計100万人を突破した。内訳は余市が74万3000人で宮城峡が25万7000人。14年の見学者は余市が前年比65%増の46万7000人、宮城峡が同27%増の20万3000人で、NHKの朝のドラマ「マッサン」が終了した後も人気が衰えない。

 余市蒸留所は世界でも数が少なくなった伝統製法「石炭直火蒸溜」を行っている点が特徴。ポットスチル(単式蒸溜器)が7台あり、7号機の底の部分を見学できる。

「マッサン」効果衰えず―ニッカ、蒸留所見学者100万人超え

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

    羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  2. 神戸港の将来構想発表、国際競争力強化へクルーズ船への対応も

    神戸港の将来構想発表、国際競争力強化へクルーズ船への対応も

  3. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

    リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  4. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  5. 西広島駅西地区再開発、期待される広島市の西の玄関口

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  8. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

アクセスランキングをもっと見る

page top