「マッサン」効果衰えず…ニッカ、蒸留所見学者100万人超え 画像 「マッサン」効果衰えず…ニッカ、蒸留所見学者100万人超え

インバウンド・地域活性

 ニッカウヰスキーの余市蒸留所(北海道余市町、写真)と宮城峡蒸留所(仙台市青葉区)の2015年見学者が、合計100万人を突破した。内訳は余市が74万3000人で宮城峡が25万7000人。14年の見学者は余市が前年比65%増の46万7000人、宮城峡が同27%増の20万3000人で、NHKの朝のドラマ「マッサン」が終了した後も人気が衰えない。

 余市蒸留所は世界でも数が少なくなった伝統製法「石炭直火蒸溜」を行っている点が特徴。ポットスチル(単式蒸溜器)が7台あり、7号機の底の部分を見学できる。

「マッサン」効果衰えず―ニッカ、蒸留所見学者100万人超え

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

    首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

  2. 離島と企業をつなぐ「しまっちんぐ」でビジネス創出&地方創生

    離島と企業をつなぐ「しまっちんぐ」でビジネス創出&地方創生

  3. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  7. 横浜北線、3月18日に開通。物流効率化や地域活性化へ

  8. 九州一丸で輸出 JA宮崎経済連九経連が新会社

  9. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top