奈良県香芝市・新ごみ処理施設建て替え、プロポーザル方式採用

インバウンド・地域活性

 奈良県香芝市と王寺町で構成する「香芝・王寺環境施設組合(美濃園)」は、老朽化が進むごみ焼却施設・粗大ごみ処理施設(香芝市尼寺615)の建て替えを計画している。PFIなど民間活力導入も視野に20年の完成を目指す考えで、7日から「新ごみ処理施設に係る施設基本計画・基本設計策定および生活環境影響調査等業務」の委託先選定手続きを開始した。公募型プロポーザル方式を採用し、15日まで参加意思確認書と参加資格要件書、30日まで企画提案書を受け付ける。11月2日にプレゼンテーション・ヒアリングを行い、同10日に1者を選定する。
 参加資格は、04年度以降に国や地方公共団体発注の一般廃棄物熱回収施設・リサイクルセンターに関する▽施設基本計画策定・施設基本設計業務▽都道府県(政令市含む)条例に基づく生活環境影響調査・評価業務-の元請履行実績を有することなど。
 現在のごみ処理施設(処理能力150トン/日、ストーカ方式)は82年7月の稼働から30年以上が経過し、老朽化が進んでいる。新ごみ処理施設は現施設の敷地内(1万4325平方メートル)に建設する。計画規模は熱回収施設が処理能力約120トン/日(約60トン/日×2炉)、リサイクルセンター(粗大ごみ処理施設)が処理能力約10トン/日。20年の完成を目標に事業を進めていく方針だ。
 業務内容は▽新ごみ処理施設基本計画策定業務(施設整備基本方針、施設規模・系列数の設定、環境保全目標の設定、処理方式の整理・検討、処理設備等計画、施工計画など)▽民間活力導入可能性調査業務(事業スキームの検討、リスク分担の検討、参入意向調査、事業手法の総合評価など)▽生活環境影響調査・評価業務(生活環境影響調査書の作成など)▽新ごみ処理施設基本設計策定業務(施設整備に関する基礎調査、見積もり徴集、最終発注仕様書の作成)▽技術支援業務-となっている。
 履行期限は17年3月30日だが、施設基本計画策定業務は15年度末までに完了する必要がある。委託費上限額は税込みで9600万円。

香芝・王寺環境施設組合(奈良県)/新ごみ処理施設基本計画策定等業務プロポ公告

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

    大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  2. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  3. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

    東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  4. 東京23区内の2016年度大規模開発、都心部で活況続く!

  5. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  6. 藤田観光が箱根小涌園を再開発、多様化する「個」のニーズに対応

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  9. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  10. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

アクセスランキングをもっと見る

page top