VWの不正見抜いた測定器製作の京都・堀場製作所、仏首相が見学 画像 VWの不正見抜いた測定器製作の京都・堀場製作所、仏首相が見学

インバウンド・地域活性

 来日したフランスのマニュエル・バルス首相が堀場製作所の本社・工場(京都市南区)を訪れた。堀場製作所は1996年に子会社化した医用事業を手がけるホリバABX(モンペリエ市)があるなどフランスとの関係が深い。バルス首相は堀場製作所が強みとする自動車計測システムや分析センターなどを見学。案内した堀場厚会長兼社長は「環境関連にバルス首相自身が興味をもっておられて、熱心に説明を聞かれていた」と述べた。

 一方、同社の排ガス測定装置が米国で独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正の発見に導いた格好。堀場社長はこの不正問題の第一報を聞いた際は「そんなことはありえないと思った」としたが、「検知はしたが、”ジャッジ“はしていない。我々の装置は正しくはかるものであり、それを提供するまで。どう対応するかは(供給先の)自動車メーカーや政府などの話になる」と話した。

 その上で「はっきり結果として出ることを認識しておけば(こうした不正問題は)起こらないのでは」との見方を示した。ただディーゼルエンジンについては「誤解されないようにしてほしい。窒素酸化物(NOX)など以外は燃費も良いし、優れたエンジン。大半の企業はしっかり取り組んでいる」と今回のVW不正を受けての技術開発減速を懸念した。

VWの不正見抜いた測定器。「検知はしたがジャッジはしていない」(堀場会長)

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  3. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  6. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  7. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  8. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その3…なぜトランスミッションを内製するのか

アクセスランキングをもっと見る

page top