VWの不正見抜いた測定器製作の京都・堀場製作所、仏首相が見学 画像 VWの不正見抜いた測定器製作の京都・堀場製作所、仏首相が見学

インバウンド・地域活性

 来日したフランスのマニュエル・バルス首相が堀場製作所の本社・工場(京都市南区)を訪れた。堀場製作所は1996年に子会社化した医用事業を手がけるホリバABX(モンペリエ市)があるなどフランスとの関係が深い。バルス首相は堀場製作所が強みとする自動車計測システムや分析センターなどを見学。案内した堀場厚会長兼社長は「環境関連にバルス首相自身が興味をもっておられて、熱心に説明を聞かれていた」と述べた。

 一方、同社の排ガス測定装置が米国で独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正の発見に導いた格好。堀場社長はこの不正問題の第一報を聞いた際は「そんなことはありえないと思った」としたが、「検知はしたが、”ジャッジ“はしていない。我々の装置は正しくはかるものであり、それを提供するまで。どう対応するかは(供給先の)自動車メーカーや政府などの話になる」と話した。

 その上で「はっきり結果として出ることを認識しておけば(こうした不正問題は)起こらないのでは」との見方を示した。ただディーゼルエンジンについては「誤解されないようにしてほしい。窒素酸化物(NOX)など以外は燃費も良いし、優れたエンジン。大半の企業はしっかり取り組んでいる」と今回のVW不正を受けての技術開発減速を懸念した。

VWの不正見抜いた測定器。「検知はしたがジャッジはしていない」(堀場会長)

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 【地方創生】エネルギーの街、公用車はFCV「MIRAI」…周南市 木村健一郎市長

    【地方創生】エネルギーの街、公用車はFCV「MIRAI」…周南市 木村健一郎市長

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  5. BONSAI、海外でブーム沸騰! 訪日客が長蛇の列

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  7. 西広島駅西地区再開発、期待される広島市の西の玄関口

  8. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  9. 首都圏の百貨店・大型ファッションビル跡地開発の動き活発化!

  10. 【リピーターを呼ぶお土産、強さの秘訣:3】下鴨茶寮の粉しょうゆ

アクセスランキングをもっと見る

page top