VWの不正見抜いた測定器製作の京都・堀場製作所、仏首相が見学 画像 VWの不正見抜いた測定器製作の京都・堀場製作所、仏首相が見学

インバウンド・地域活性

 来日したフランスのマニュエル・バルス首相が堀場製作所の本社・工場(京都市南区)を訪れた。堀場製作所は1996年に子会社化した医用事業を手がけるホリバABX(モンペリエ市)があるなどフランスとの関係が深い。バルス首相は堀場製作所が強みとする自動車計測システムや分析センターなどを見学。案内した堀場厚会長兼社長は「環境関連にバルス首相自身が興味をもっておられて、熱心に説明を聞かれていた」と述べた。

 一方、同社の排ガス測定装置が米国で独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正の発見に導いた格好。堀場社長はこの不正問題の第一報を聞いた際は「そんなことはありえないと思った」としたが、「検知はしたが、”ジャッジ“はしていない。我々の装置は正しくはかるものであり、それを提供するまで。どう対応するかは(供給先の)自動車メーカーや政府などの話になる」と話した。

 その上で「はっきり結果として出ることを認識しておけば(こうした不正問題は)起こらないのでは」との見方を示した。ただディーゼルエンジンについては「誤解されないようにしてほしい。窒素酸化物(NOX)など以外は燃費も良いし、優れたエンジン。大半の企業はしっかり取り組んでいる」と今回のVW不正を受けての技術開発減速を懸念した。

VWの不正見抜いた測定器。「検知はしたがジャッジはしていない」(堀場会長)

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

    都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  2. 【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

    【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

  3. 熊本地震/被災した57号北側復旧ルートの二重峠トンネル、着工へ

    熊本地震/被災した57号北側復旧ルートの二重峠トンネル、着工へ

  4. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  5. キウイ新品種「甘うぃ」が販売開始。黄色・高糖度で大玉!

  6. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  7. 兵庫県の2号加古川橋架替、18年度事業認可をめざし都市計画変更へ

  8. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  9. 横浜ドームを実現する会、ドーム球場を経済活性化の起爆剤に!

  10. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top