レクサス・マレーシア、2.0ターボ搭載の「IS200t」を発表 画像 レクサス・マレーシア、2.0ターボ搭載の「IS200t」を発表

マネジメント

2.0リットル・ターボエンジンを搭載
6日、高級自動車販売のレクサス・マレーシアは「IS」シリーズの新しいモデル「IS200t」を発表した。

「IS200t」は前モデル「IS250」の置き換え車種となり、2.0リットル・ターボエンジンを搭載し、世界トップクラスの変速スピードを持つ8速スポーツ・ダイレクトシフトを採用している。

価格は29万8000リンギから
「IS200tプレミアム」、「IS200tラグジュアリー」、「IS200tFスポーツ」、ハイブリッド版の「IS300h」の4バリエーションで展開し、3年又は10万キロメートルの保証と8年間のハイブリッド・バッテリー保証も付いてくる。価格は「IS200tプレミアム」から順にそれぞれ29万8000リンギ、35万リンギ、38万5000リンギ、45万2000リンギとなる。

また、ラグジュアリー、Fスポーツ、ハイブリッドには、10SRSエアバッグや、駐車場から出る際等に役立つブラインド・スポットモニターを備えるなど安全面も強化されている。

UMWトヨタの武山明生副会長は
「レクサスが開発した2.0リットル・ターボエンジンを市場に投入することができ、今年は大変素晴らしい年となった。このエンジンはマレーシアで1月に発売されたレクサスNXに初めて搭載されたが、今回「IS」シリーズへも搭載することができた。」
(レクサス・マレーシア プレスリリースより引用)

と喜びの言葉を述べた。

レクサス・マレーシア 2.0lターボエンジン搭載の「IS200t」を発表

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. スーパーの敷地にバーベキュー場……「手ぶらでバーベキュー」がブームの兆し

    スーパーの敷地にバーベキュー場……「手ぶらでバーベキュー」がブームの兆し

  2. 虎ノ門一丁目地区再開発、1月6日に都が組合設立を認可

    虎ノ門一丁目地区再開発、1月6日に都が組合設立を認可

  3. 8割超が粗利益率改善! 主要ゼネコン26社の15年4~9月期決算

    8割超が粗利益率改善! 主要ゼネコン26社の15年4~9月期決算

  4. 日本酒の「海外売り込み」に酒蔵、日本酒業界が本腰

  5. 早期退職者募集、2年連続で最少…東京商工リサーチ

  6. JR東海のリニア中央新幹線、工事発注手続きが本格化

  7. 日比谷花壇、花祭壇のコンサル事業へ…JA葬祭と連携も

  8. 新国立競技場、完成後の運営について議論が本格化

  9. 無料POSレジアプリ「Airレジ」がクレカ対応

  10. 官公庁施設の設計、「耐震診断」も報酬業務に

アクセスランキングをもっと見る

page top