レクサス・マレーシア、2.0ターボ搭載の「IS200t」を発表 画像 レクサス・マレーシア、2.0ターボ搭載の「IS200t」を発表

マネジメント

2.0リットル・ターボエンジンを搭載
6日、高級自動車販売のレクサス・マレーシアは「IS」シリーズの新しいモデル「IS200t」を発表した。

「IS200t」は前モデル「IS250」の置き換え車種となり、2.0リットル・ターボエンジンを搭載し、世界トップクラスの変速スピードを持つ8速スポーツ・ダイレクトシフトを採用している。

価格は29万8000リンギから
「IS200tプレミアム」、「IS200tラグジュアリー」、「IS200tFスポーツ」、ハイブリッド版の「IS300h」の4バリエーションで展開し、3年又は10万キロメートルの保証と8年間のハイブリッド・バッテリー保証も付いてくる。価格は「IS200tプレミアム」から順にそれぞれ29万8000リンギ、35万リンギ、38万5000リンギ、45万2000リンギとなる。

また、ラグジュアリー、Fスポーツ、ハイブリッドには、10SRSエアバッグや、駐車場から出る際等に役立つブラインド・スポットモニターを備えるなど安全面も強化されている。

UMWトヨタの武山明生副会長は
「レクサスが開発した2.0リットル・ターボエンジンを市場に投入することができ、今年は大変素晴らしい年となった。このエンジンはマレーシアで1月に発売されたレクサスNXに初めて搭載されたが、今回「IS」シリーズへも搭載することができた。」
(レクサス・マレーシア プレスリリースより引用)

と喜びの言葉を述べた。

レクサス・マレーシア 2.0lターボエンジン搭載の「IS200t」を発表

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. TPPをチャンスに! 「中小企業輸出支援ハンドブック」発行

    TPPをチャンスに! 「中小企業輸出支援ハンドブック」発行

  2. リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す

    リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す

  3. 新国立競技場、完成後の運営について議論が本格化

    新国立競技場、完成後の運営について議論が本格化

  4. 国交省、積算作業の簡素化とミス防止に向け新方式を検討

  5. 広島県と愛媛県今治市で「獣医師不足てこ入れ」…政府が戦略特区第3次指定

  6. 東京都建設局、週休2日モデル工事でQ&A作成、工事成績での加点も検討

  7. 業種別にテンプレートを最適化した「ECサイト構築サービス」

  8. 虎ノ門一丁目地区再開発、1月6日に都が組合設立を認可

  9. 家電や半導体の失敗を繰り返すな…日本電産・永守会長

  10. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

アクセスランキングをもっと見る

page top