【回転窓】庶民感覚忘れずに 画像 【回転窓】庶民感覚忘れずに

ライフ

 夏目漱石が大正3年に学習院大学で行った講演録に「立派な先生に接している諸君が、私のようなものの講演をお聞きになろうというのは、美食に飽いた結果、目黒の秋刀魚(サンマ)が一寸味わって見たくなったのではないか」とある▼「目黒の秋刀魚」はよく知られた落語の演目。江戸・目黒で庶民の食べる焼きサンマのおいしさに感動した殿様が、別の日に蒸されたまずいサンマを出され、仕入れ先が日本橋魚河岸と分かると「サンマは目黒に限る」と下げる▼海のない目黒でサンマが捕れるはずもなく、漱石は、庶民の食文化など市井の暮らしに疎い権力者を風刺した落語を介して、社会に出て行く学生に庶民感覚の大切さを説いたようだ▼政道批判はいつの時代にもあるが、庶民の政治への関心は常に身近なところにある。最近でいえば、バターの値上げ、天候不順による野菜の高値、そして他国漁船による公海上の乱獲で高騰するサンマあたりか。賃金が上昇しても物価高で相殺されてはかなわない▼第3次安倍改造内閣が発足した。入閣した大臣には庶民感覚を忘れず、的確な政策の実行をと願いたい。

回転窓/庶民感覚忘れずに

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 【ギフト・ショー】光で固まる特殊なインクを使った3Dペン玩具

    【ギフト・ショー】光で固まる特殊なインクを使った3Dペン玩具

  2. 教員を対象とした保険教育に関するアンケートを開始

    教員を対象とした保険教育に関するアンケートを開始

  3. 「おにぎりダイエット」、JAとフィットネスクラブが共同開発

    「おにぎりダイエット」、JAとフィットネスクラブが共同開発

  4. 【ご当地美人】福島美女は53代目……ミスピーチキャンペーンクルー

  5. 電力自由化に向け、東京電力のスマートメーター活用サービスが本格稼動

  6. 【ご当地美人】観光は世界共通の楽しみ……高松ゆめ大使・小池絢さん

  7. アイデム、小・中・高向けの「働く大人の姿」写真コンテスト

  8. 「資産は残さず」「老後は自分で」…親も子も“自己解決”望む

アクセスランキングをもっと見る

page top