【地方発ヒット商品の裏側】ママさん社員のアイデアから生まれた、マカロンレースマスク 画像 【地方発ヒット商品の裏側】ママさん社員のアイデアから生まれた、マカロンレースマスク

制度・ビジネスチャンス

 季節はすっかり秋めいてきた。気温が下がり過ごしやすくなる一方で、心配になってくるのが、風邪やインフルエンザなどの感染症。その予防のためマスクが手放せないという人も多いのではないだろうか。マスクは衛生用品。まず性能や機能が重視される。その一方で、お洒落という付加価値で存在感を示すのが「マカロンレースマスク」だ。今年1月、通販サイトの楽天市場でレディースファッション部門1位を獲得するなど、ファッションアイテムとしても人気を集めている。

■マスク着用を嫌がる子どもために
 マカロンレースマスクの企画・製造・販売を手掛けるのは株式会社エスト(岐阜市)。古田明広社長が2003年に立ち上げた企業で、主にシーツなど寝具の企画・製造・販売を手掛ける。マカロンレースマスクの事業に乗り出したのは2012年。

「産業の構造が変わり、人口が減少に転じているなか、寝具だけに頼っていては、いずれ衰退するだろうと考え、生き残り策を模索しているところでした。手作りマスクのアイデアは、そうしたタイミングで、女性社員の中から出てきました」

と古田社長は開発の経緯を振り返る。

 手作りマスクのアイデアを切り出した、その女性社員は当時、育児中。子どもが通う幼稚園では、冬場になると風邪予防の観点から通園バス乗車中においてマスクの着用が求められていた。ところが子どもはマスクの着用を嫌がり、あげくには「幼稚園に行きたくない」と拒むこともしばしば。

 マスクを嫌がるのはその子に限ったことではなく、同様の悩みを抱える保護者は少なくなかったという。「どうしたら、子どもたちが進んでマスクを着けてくれるようになるだろう」と考えた女性社員が出した答えは

「かわいい柄のマスクだったら子どもたちも喜んでくれるのではないか」

というものだった。

 試しに布製のマスクに花や動物などの柄の布を縫い付けたマスクを手作りで試みたところ、子どもは大喜び。毎日楽しそうに幼稚園へ通うようになった。ほどなく保護者から「うちの子の分も作ってほしい」「できれば(大人の)私の分も」といった声が寄せられるようになり、その反響を糧に試行錯誤を繰り返し、レースやリボンなどの装飾を施したマスクを商品化。ファッションに敏感な女性に人気となった。中でも一番人気なのがこのマカロンレースマスクというわけだ。
《DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. ゼネコン大手26社/17年4~12月期決算/民需足場に14社が受注増

    ゼネコン大手26社/17年4~12月期決算/民需足場に14社が受注増

  2. ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.4(最終回)

    ユニーク社長のロングトーク/Casa 宮地正剛さん Vol.4(最終回)

  3. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

    日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  4. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  5. 成田空港会社がC滑走路新設、B滑走路延伸計画

  6. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  7. 免税農家で取引のインボイス“排除”1割に、農水省「課税事業者選択を」

  8. 「建設産業政策2017+10」着々と具体化、10年後の建設業はどう変わる?

  9. 「利益剰余金」を見よ! あなたの会社の実態がここにある・・・

  10. 【解決!社長の悩み相談センター】第16回:ボランティア活動でも課税されることがある?

アクセスランキングをもっと見る

page top