【地方発ヒット商品の裏側】ママさん社員のアイデアから生まれた、マカロンレースマスク 画像 【地方発ヒット商品の裏側】ママさん社員のアイデアから生まれた、マカロンレースマスク

制度・ビジネスチャンス

 季節はすっかり秋めいてきた。気温が下がり過ごしやすくなる一方で、心配になってくるのが、風邪やインフルエンザなどの感染症。その予防のためマスクが手放せないという人も多いのではないだろうか。マスクは衛生用品。まず性能や機能が重視される。その一方で、お洒落という付加価値で存在感を示すのが「マカロンレースマスク」だ。今年1月、通販サイトの楽天市場でレディースファッション部門1位を獲得するなど、ファッションアイテムとしても人気を集めている。

■マスク着用を嫌がる子どもために
 マカロンレースマスクの企画・製造・販売を手掛けるのは株式会社エスト(岐阜市)。古田明広社長が2003年に立ち上げた企業で、主にシーツなど寝具の企画・製造・販売を手掛ける。マカロンレースマスクの事業に乗り出したのは2012年。

「産業の構造が変わり、人口が減少に転じているなか、寝具だけに頼っていては、いずれ衰退するだろうと考え、生き残り策を模索しているところでした。手作りマスクのアイデアは、そうしたタイミングで、女性社員の中から出てきました」

と古田社長は開発の経緯を振り返る。

 手作りマスクのアイデアを切り出した、その女性社員は当時、育児中。子どもが通う幼稚園では、冬場になると風邪予防の観点から通園バス乗車中においてマスクの着用が求められていた。ところが子どもはマスクの着用を嫌がり、あげくには「幼稚園に行きたくない」と拒むこともしばしば。

 マスクを嫌がるのはその子に限ったことではなく、同様の悩みを抱える保護者は少なくなかったという。「どうしたら、子どもたちが進んでマスクを着けてくれるようになるだろう」と考えた女性社員が出した答えは

「かわいい柄のマスクだったら子どもたちも喜んでくれるのではないか」

というものだった。

 試しに布製のマスクに花や動物などの柄の布を縫い付けたマスクを手作りで試みたところ、子どもは大喜び。毎日楽しそうに幼稚園へ通うようになった。ほどなく保護者から「うちの子の分も作ってほしい」「できれば(大人の)私の分も」といった声が寄せられるようになり、その反響を糧に試行錯誤を繰り返し、レースやリボンなどの装飾を施したマスクを商品化。ファッションに敏感な女性に人気となった。中でも一番人気なのがこのマカロンレースマスクというわけだ。
《DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

    【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

  2. ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に見る“契約”の価値観

    ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に見る“契約”の価値観

  3. 主要ゼネコン26社の16年4~9月期決算、7割近くが粗利益率10%台

    主要ゼネコン26社の16年4~9月期決算、7割近くが粗利益率10%台

  4. 青森産リンゴ「ふじ」が過去最高値、東京・大阪市場

  5. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  6. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  7. 博多道路陥没で土研が原因究明へ。一体何が起こったのか?

  8. 女性技術者がモデル!兵庫県但馬県民局、建設業の女性用作業着を開発

  9. JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

  10. 【あたらしい訪問型ビジネス:3】“オフィス”をセラピーの場に

アクセスランキングをもっと見る

page top