新関西国際空港、インドネシア・マカッサル空港拡張調査に参画 画像 新関西国際空港、インドネシア・マカッサル空港拡張調査に参画

海外進出

調査において、空港オペレーターとしての経験を活かす
関西国際空港と大阪国際空港を運営する新関西国際空港は5日、国際協力機構(JICA)からの委託を受け、協力準備調査「インドネシア共和国航空ネットワーク再構築によるマカッサル空港拡張、運営事業準備調査(PPPインフラ事業)」に参画すると発表した。

同調査は、三菱重工業、三菱商事が代表法人、提案法人として実施され、新関西国際空港は調査において空港オペレーターとしての専門能力が活かす。

マカッサル、スカルノハッタ両国際空港、容量が超過
マカッサル国際空港は、南スラウェシ州に位置する空港でインドネシア東部のゲートウェイとして機能している。

2013年の年間旅客数は943万人、滑走路は3100mと2500mの2本を有する。しかし、同空港は旅客ターミナル容量をすでに超過しており、拡張が喫緊の課題となっている。

また、ジャカルタ近郊に位置するスカルノハッタ国際空港は、地方空港からの大量乗り入れにより、2013年の年間旅客数は6000万人を超え、同空港の容量は大幅に超過している。

マカッサル国際空港を「リージョナルハブ」と位置づけ
上記の問題を解消するため、事業性調査が実施される。マカッサル国際空港を「リージョナルハブ」と位置づけ、ジャカルタに集中しているインドネシアの航空ネットワークを再構築し、マカッサル国際空港の拡張と運営維持管理に関する調査が実施される。

新関西国際空港は、同社の有する専門能力を活かすことで、同調査の業務完遂を目指す。

新関西国際空港 航空路線再編によるマカッサル国際空港拡張調査に参画

《インドネシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. 自動車業界から見た2016年、激動の世界に日本企業は対応できたか?

    自動車業界から見た2016年、激動の世界に日本企業は対応できたか?

  3. 中国爆買い効果か?――外国人消費動向調査で5期連続過去最高値更新

    中国爆買い効果か?――外国人消費動向調査で5期連続過去最高値更新

  4. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  5. JICA、社会インフラ整備に向けミャンマーと円借款契約

  6. フォークリフト運転者育成へ、日本通運がミャンマーで研修実施

  7. インドネシア向け「日本食マーケティング支援サービス」が開始

  8. ミャンマー訪問から~大きく変化する国とその経済成長~

アクセスランキングをもっと見る

page top