4~9月の建設業倒産、17%減…25年ぶり低水準に 画像 4~9月の建設業倒産、17%減…25年ぶり低水準に

マネジメント

 東京商工リサーチがまとめた15年度上半期(4~9月)の建設業の倒産(負債1000万円以上の企業倒産)は前年度同期比17・0%減の846件と、年度上半期としては7年連続で前年度を下回り、1990年度(719件)以来、25年ぶりの低水準となった。全国9地区のうち東北と九州を除く7地区で前年度を下回り、倒産は全国的に減少した。
 同社は、金融機関が中小企業の返済猶予の要請に柔軟に応じていることに加え、公共事業の拡大やメーカーの業績回復による民間需要の好調持続によって倒産が抑制されていると分析。今後も当面は倒産の急増要因は見当たらないとする一方、前年度に実施された公共工事前倒しの反動から、これまで経営を下支えしてきた公共工事の発注量が前年同期より大幅に減少した地域もあることを懸念材料に挙げている。
 上半期は負債10億円以上の大型倒産が7件(前年度上半期19件)と大幅に減り、負債総額は870億3000万円(前年度同期比34・8%減)と年度上半期としては過去20年で最小となった。
 業種別の倒産件数は、総合工事業399件(23・8%減)、職別工事業278件(1・0%減)、設備工事業169件(21・3%減)。原因別では、受注不振(販売不振)が502件(20・0%減)と全体の6割を占めたほか、既往のしわ寄せ(赤字累積)が201件(11・0%減)、運転資金の欠乏が46件(23・3%減)、他社倒産の余波が29件(9・3%減)などとなっている。
 一方、帝国データバンクが同日発表した15年度上半期の建設業の倒産は803件(17・0%減)だった。

4~9月の建設業倒産、17・0%減/25年ぶり低水準/東京商工リサーチ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す

    リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す

  2. 飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

    飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

  3. 千葉県成田市と香取市、民間事業者と電力会社を6月に設立

    千葉県成田市と香取市、民間事業者と電力会社を6月に設立

  4. 中小企業による官公需の受注促進!「ここから調達サイト」がオープン

  5. 設備工事各社の海外事業展開が拡大! 支店開設や資本投入など

  6. 鹿島道路、増永修平氏が4月1日付で社長就任

  7. ネジ・工具など間接資材で急成長!ネットストア「モノタロウ」成功の秘密

  8. 日系企業はいかに米経済に貢献しているか…自工会「Investing in America」

  9. 国内向け製造業人材、アジアで育成…中小の人材確保にも期待

  10. 新年・行政業界展望2…これからのゼネコン

アクセスランキングをもっと見る

page top