宮崎県、中小企業によるUIJターン人材のお試し採用を助成 画像 宮崎県、中小企業によるUIJターン人材のお試し採用を助成

マネジメント

 宮崎県が県内中小企業によるUIJターン人材のお試し就業を支援。お試し就業による中核人材受け入れの経費が助成される。

 対象となる中核人材とは、宮崎県外で10年程度の就業経験を持つ人材、または業務に必要な資格を持つ人材。県内への移住を予定するこうした中核人材を、お試しで短期的に採用する場合に助成金が交付される。

 助成対象は中核人材の給与および社会保険料や、支給する転居費用、旅費に加え、採用に際して利用した個別のコンサルティング費用。このうち、コンサルティング費用については最大で50万円までとなり、それ以外は費用の2分の1以内となる。なお、県の重点分野であるフードビジネス、医療機器関連、ICT分野については、給与および転居費用の助成率が3分の2まで引き上げられる。補助対象となるお試し就業期間は3か月まで。

 交付申請書の申請期限は2016年3月30日まで。ただし、支援事業の予算上限に達した場合は、期限前に終了する可能性がある。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

    物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

  2. 八千代エンジニヤリング、5カ年計画で社員1割増、売上目標220億

    八千代エンジニヤリング、5カ年計画で社員1割増、売上目標220億

  3. 鹿島道路、増永修平氏が4月1日付で社長就任

    鹿島道路、増永修平氏が4月1日付で社長就任

  4. 次期社長が見つかる? 後継者不在で悩む中小経営者向けに「後継者バンク」創設

  5. 海外進出を現地パートナーが支援、マッチングサービスが登場

  6. 中小企業の初任給調査、地域によって首都圏との差が3万円弱も!?

  7. 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

  8. 全建「就労履歴システム検討ワーキンググループ」が初会合

  9. 未来のトラックに求められるのは「高い安全性能」

  10. モノ・カネが動かした明治維新…薩摩藩の技術経営に学ぶ

アクセスランキングをもっと見る

page top