宮崎県、中小企業によるUIJターン人材のお試し採用を助成 画像 宮崎県、中小企業によるUIJターン人材のお試し採用を助成

マネジメント

 宮崎県が県内中小企業によるUIJターン人材のお試し就業を支援。お試し就業による中核人材受け入れの経費が助成される。

 対象となる中核人材とは、宮崎県外で10年程度の就業経験を持つ人材、または業務に必要な資格を持つ人材。県内への移住を予定するこうした中核人材を、お試しで短期的に採用する場合に助成金が交付される。

 助成対象は中核人材の給与および社会保険料や、支給する転居費用、旅費に加え、採用に際して利用した個別のコンサルティング費用。このうち、コンサルティング費用については最大で50万円までとなり、それ以外は費用の2分の1以内となる。なお、県の重点分野であるフードビジネス、医療機器関連、ICT分野については、給与および転居費用の助成率が3分の2まで引き上げられる。補助対象となるお試し就業期間は3か月まで。

 交付申請書の申請期限は2016年3月30日まで。ただし、支援事業の予算上限に達した場合は、期限前に終了する可能性がある。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【中小企業の『経営論』】第11回:中小企業による海外販路開拓(1):なぜ必要か?

    【中小企業の『経営論』】第11回:中小企業による海外販路開拓(1):なぜ必要か?

  2. 栃木・足利銀行と茨城・常陽銀行の統合、地域企業への影響は?

    栃木・足利銀行と茨城・常陽銀行の統合、地域企業への影響は?

  3. JAPIC、林業復活・地域創生の推進を提言

    JAPIC、林業復活・地域創生の推進を提言

  4. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  5. 文化シヤッター社長に潮崎敏彦取締役兼専務執行役員、4月1日就任

  6. 「中小企業の《経営論》」第1回:背中を見せたがる社長とそうでない社長

  7. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  8. 空きスペースを収益化!「駐車場シェアサービス」が2月にスタート

  9. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  10. コベルコ建機社長に神戸製鋼所代表取締役副社長・楢木一秀氏

アクセスランキングをもっと見る

page top