宮崎県、中小企業によるUIJターン人材のお試し採用を助成 画像 宮崎県、中小企業によるUIJターン人材のお試し採用を助成

マネジメント

 宮崎県が県内中小企業によるUIJターン人材のお試し就業を支援。お試し就業による中核人材受け入れの経費が助成される。

 対象となる中核人材とは、宮崎県外で10年程度の就業経験を持つ人材、または業務に必要な資格を持つ人材。県内への移住を予定するこうした中核人材を、お試しで短期的に採用する場合に助成金が交付される。

 助成対象は中核人材の給与および社会保険料や、支給する転居費用、旅費に加え、採用に際して利用した個別のコンサルティング費用。このうち、コンサルティング費用については最大で50万円までとなり、それ以外は費用の2分の1以内となる。なお、県の重点分野であるフードビジネス、医療機器関連、ICT分野については、給与および転居費用の助成率が3分の2まで引き上げられる。補助対象となるお試し就業期間は3か月まで。

 交付申請書の申請期限は2016年3月30日まで。ただし、支援事業の予算上限に達した場合は、期限前に終了する可能性がある。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 失敗に学べ! 経産省、中小企業の失敗事例集サイトを開設

    失敗に学べ! 経産省、中小企業の失敗事例集サイトを開設

  2. 【中小企業の『経営論』】第12回:「扉を開けている」だけでは部下はやってこない

    【中小企業の『経営論』】第12回:「扉を開けている」だけでは部下はやってこない

  3. アンケートで分かった、国内企業の「障がい者雇用」への取り組み

    アンケートで分かった、国内企業の「障がい者雇用」への取り組み

  4. 建設の経営業務管理責任者、執行役員も対象に

  5. 攻めのIT経営行う中小企業を経産省が募集、3年で100社選定

  6. 創業100年、まつもとコーポレーション社長・松本光雄氏に聞く

  7. 次期社長が見つかる? 後継者不在で悩む中小経営者向けに「後継者バンク」創設

  8. 専門家に聞く「そもそもマイナンバー」って何?――10月までに知っておきたいこと

  9. ゼネコン準大手各社、2次下請け以下にも社保加入指導広がる

  10. 活用進まない「改正マンション建て替え円滑化法」 実態を調査へ

アクセスランキングをもっと見る

page top