住友不動産、東京・綾瀬駅前の土地取得…住宅開発を検討 画像 住友不動産、東京・綾瀬駅前の土地取得…住宅開発を検討

インバウンド・地域活性

 住友不動産は、東京都足立区のJR常磐線・東京メトロ千代田線綾瀬駅の北側に隣接する商業ビル2棟の土地・建物を取得した。両ビルとも6月末に閉館済みで、同社は今後、両ビルの敷地の一体的な開発に着手する予定だ。開発対象地の敷地面積の合計は約4940平方メートル。同社によると、新設する建物の規模や開発スケジュールは決まっていないが、住宅を中心とした施設計画の検討を進めている。
 住友不が取得したのは、同一街区に隣り合って立つサンポップビル(綾瀬3の4の9、地下1階地上10階建て延べ1万1447平方メートル)とエトセトラビル(綾瀬3の4の5、地下1階地上6階建て延べ1万3508平方メートル)。以前は海外の投資ファンドが所有していた。
 敷地一帯の用途地域は商業地域で、建ぺい率は80%、容積率は500%が上限。開発に当たっては、駅前に面している立地特性を生かし、低層階などに地域のにぎわいを創出する施設(店舗など)が配置されるとみられる。
 足立区は、両ビルの土地・建物が売却されるとの情報を事前に得て、調査を行っていた。区の関係部署には、購入を検討していた複数の事業者から350戸程度の住戸を配置する建築計画が示されたという。
 区は、開発対象地の近接地にある旧こども家庭支援センター跡地(東綾瀬1の5の17)で官民連携による住宅開発事業を計画していたが、調査の結果を受け、この住宅開発事業を凍結。綾瀬駅周辺エリアにある保育園や小学校の定員数などを考慮し、同エリアで住宅の過剰供給を避ける方針に転換した。区は今後、住友不の開発計画の詳細が固まった段階で、同跡地の活用法に向けた検討を再開するとしている。

住友不/綾瀬駅前(東京都足立区)の商業ビル2棟取得/住宅中心に開発検討

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  3. 【地方創生】エネルギーの街、公用車はFCV「MIRAI」…周南市 木村健一郎市長

    【地方創生】エネルギーの街、公用車はFCV「MIRAI」…周南市 木村健一郎市長

  4. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  5. CSRの時代的要請に企業はどう応えればいいのか?

  6. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  7. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

  8. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  9. 「旅に出る価値を生む仕組み」を再構築できるか?

  10. 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

アクセスランキングをもっと見る

page top