住友不動産、東京・綾瀬駅前の土地取得…住宅開発を検討 画像 住友不動産、東京・綾瀬駅前の土地取得…住宅開発を検討

インバウンド・地域活性

 住友不動産は、東京都足立区のJR常磐線・東京メトロ千代田線綾瀬駅の北側に隣接する商業ビル2棟の土地・建物を取得した。両ビルとも6月末に閉館済みで、同社は今後、両ビルの敷地の一体的な開発に着手する予定だ。開発対象地の敷地面積の合計は約4940平方メートル。同社によると、新設する建物の規模や開発スケジュールは決まっていないが、住宅を中心とした施設計画の検討を進めている。
 住友不が取得したのは、同一街区に隣り合って立つサンポップビル(綾瀬3の4の9、地下1階地上10階建て延べ1万1447平方メートル)とエトセトラビル(綾瀬3の4の5、地下1階地上6階建て延べ1万3508平方メートル)。以前は海外の投資ファンドが所有していた。
 敷地一帯の用途地域は商業地域で、建ぺい率は80%、容積率は500%が上限。開発に当たっては、駅前に面している立地特性を生かし、低層階などに地域のにぎわいを創出する施設(店舗など)が配置されるとみられる。
 足立区は、両ビルの土地・建物が売却されるとの情報を事前に得て、調査を行っていた。区の関係部署には、購入を検討していた複数の事業者から350戸程度の住戸を配置する建築計画が示されたという。
 区は、開発対象地の近接地にある旧こども家庭支援センター跡地(東綾瀬1の5の17)で官民連携による住宅開発事業を計画していたが、調査の結果を受け、この住宅開発事業を凍結。綾瀬駅周辺エリアにある保育園や小学校の定員数などを考慮し、同エリアで住宅の過剰供給を避ける方針に転換した。区は今後、住友不の開発計画の詳細が固まった段階で、同跡地の活用法に向けた検討を再開するとしている。

住友不/綾瀬駅前(東京都足立区)の商業ビル2棟取得/住宅中心に開発検討

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

    “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

    【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  4. 兵庫県の2号加古川橋架替、18年度事業認可をめざし都市計画変更へ

  5. 武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

  6. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  7. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  8. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  9. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  10. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

アクセスランキングをもっと見る

page top