本日の新聞から:独検察、VW本社他を捜索 画像 本日の新聞から:独検察、VW本社他を捜索

海外進出

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2015年10月9日付

●VW本社捜索、独検察(読売・1面)

●改造内閣支持上昇46%本社世論調査TPP「評価」59%(読売 ・1面)

●新「ヨタハチ」小さく軽く(読売・10面)

●エコで楽しい次世代カー、東京モーターショー29日から(朝日・10面)

●「イスラム国」車列トヨタが並ぶ、米財務省が情報提供要請、法人「広範囲な調査に協力」(産経・8面)

●LCC新ターミナル、中部空港、訪日客急増で(日経・1面)

●車部品関税、15年で全廃、TPP日米協議、エンジン・変速機即時(日経・5面)

●スズキ、インドでHV、高めの価格帯狙う(日経・11面)

●中国販売、日産が2.9%増、9月の新車(日経・11面)

●マツダ、4万台リコール、3車種(日経・38面)



ひとくちコメント

ドイツ自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)の不正ソフトによる排ガス規制逃れ問題で、ドイツの検察当局が、北部ウォルフスブルクにあるVW本社などを捜索したという。

検察当局が発表したもので、きょうの各紙が大きく報じている。それによると、捜索の手は本社のほか、社員の住宅などにも及び、パソコンのデータなど排ガス規制逃れに関する資料を押収したもよう。

不正に関与した社員を特定するのが目的で、検察当局は詐欺容疑でVW幹部らを捜査しており、経営陣が不正に直接的な役割を果たしたのかどうか、事態の全容解明を進めるとみられている。

一方で、米国議会では公聴会がワシントンで開かれ、フォルクスワーゲンの幹部が謝罪したうえで、「会社としての判断ではない。何人かのエンジニアが判断して決めたものだ」と繰り返し述べて、組織ぐるみの不正ではないことを強調したそうだ。

また、「データの問題を知ったのは去年春だが、原因がソフトウエアだと知ったのは9月3日だ」とも説明したそうだ。

VWの不正問題が発覚してから間もなく3週間。メディア報道はやや下火になったとはいえ、対象車種の修理も終了するまでに数年かかる見通しであるほか、米公聴会での幹部の「組織ぐるみの関与」を否定する発言も飛び出すなど、闇に包まれた部分も多く全容解明にはしばらく時間がかかりそうだ。

【新聞ウォッチ】独検察当局、VW本社などを捜索…不正ソフト関連書類などを押収

《福田俊之》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

    NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

  3. 【養殖モノを海外で売る!:3】狙うは富裕層、DHA強化ブリ

    【養殖モノを海外で売る!:3】狙うは富裕層、DHA強化ブリ

  4. スズキ、アセアン地域向けに二輪車の新型モデルを発表

  5. 【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  6. バンドー化学、ベトナムに新工場

  7. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  8. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  9. 【Sakeの海外戦略:4】世界100カ国で「梵」が成功した理由

  10. 【HCJ2016】訪日外国人激増時代の“日本の外食”ニーズとは

アクセスランキングをもっと見る

page top