北海道移住に対する補助金情報! 画像 北海道移住に対する補助金情報!

制度・ビジネスチャンス

長期連休で旅行に行かれた際、このままこの土地で暮らしてみたいなと、ふと思うことはありませんか?都会の暮らしも良いけれど、自然豊かな土地での暮らしもちょっと気になるという方。

今回は、「北海道に移住をしたら?」をテーマに、どのような補助金があるのかを探ってみました!

 自治体の補助制度は、大きく分けて2つの種類があるようです。まずは、移住を目的とした支援です。例えば、短期間だけその土地に住みその土地での生活を体験できるように、住居を安く提供する支援です。次に、定住を目的とした住居の購入費の支援です。こちらは、実際にその自治体に住むため、補助金が出やすいようです。

 まず、移住体験ということで目を引く制度は、置戸町の「地遊人」というものです。20~40歳までの独身男女が対象ですが、1年間月々10万円の生活助成を受けられます。しかも、住むところなどもすでに用意されているようです。ただし、農業体験が100日ありますので、まったく農業は無理!という方は難しいかもしれません。また、事前に下見が必要で、その際に履歴書持参、面接があるということです。

 次に、一番多い移住支援のケースは、住む場所を短期で借りられて移住体験が出来るというものです。家具がすでに据え付けられ、光熱費が含まれていて6万円からというのは、確かに都心での生活を考えればお得です。ちなみに、移住体験が出来る自治体は、八雲町、北広島市、伊達市、登別市などです。

 では、住宅購入の補助金はどうでしょうか?こちらも驚くような制度がありました。それは、八雲町や雄武町の移住者へ無償で土地をくれる制度です。また、秩父別町の、1平米1円で分譲宅地を販売という制度も注目です。ただし、譲渡後5~10年間は転居が出来ませんので、慎重な判断が必要です。

 その他、住宅購入補助金制度がある自治体は、多数あるようですが、中でも高額なのは沼田町の最大450万円の奨励金です。浦幌町は、現金と地域商品券との合計で最大200万円です。その他は、150万円以下のところが多く、美唄市、芦別市、士別市等が挙げられます。

  住宅購入の補助金も気になりますが、移住は土地柄などが自分と合うかどうかも大事ですよね。まずは、移住体験などを試してみてはいかがでしょうか?

北海道に移住したい方向け補助金情報!

《宮下 麻衣子》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

    【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

  2. ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に見る“契約”の価値観

    ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に見る“契約”の価値観

  3. セメント大手4社の16年4~9月期決算。全社が減収、営業減益

    セメント大手4社の16年4~9月期決算。全社が減収、営業減益

  4. JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

  5. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  6. 「一見さんお断り」、なぜ利益になる?

  7. ゼネコン上場大手4社、16年4~9月期決算。五輪関連の建設需要で最高益!

  8. 東京23区内の大規模建築計画上昇中!最多はやっぱりあの区!?

  9. 東京の鉄道のこれから、路面電車復活も!?

  10. 建設業界、「人手不足」は根拠がない話

アクセスランキングをもっと見る

page top