日建連、建設業長期ビジョン推進に向け建専連と行動計画作成へ 画像 日建連、建設業長期ビジョン推進に向け建専連と行動計画作成へ

インバウンド・地域活性

 日本建設業連合会(日建連、中村満義会長)と建設産業専門団体連合会(建専連、才賀清二郎会長)の意見交換会が7日、東京・八丁堀の東京建設会館内で行われた。日建連からは有賀長郎事務総長ら事務局幹部、建専連は才賀会長ら幹部が出席し、日建連が先に策定した「建設業の長期ビジョン」や就労履歴管理システムをめぐる現状報告と今後の方向性などを話し合った。有賀事務総長は「長期ビジョンを推進するために建専連と連携の取れたアクションプランを早期につくりたい」との考えを示した。
 冒頭、有賀事務総長は、「建設業界は時代の節目にあり、通り一遍の議論では済まされない。一歩といわず、二歩も三歩も踏み込んだ議論をしたい」とあいさつ。ゼネコンのパートナーである専門工事業者を束ねる建専連と共に諸課題の解決に取り組む決意を示した。
 国土交通省と業界が連携した取り組みが始まった就労履歴管理システムについては、「17年度の運用開始に向けてシステムを開発することを考えれば、本年度内にさまざまなことを詰めておかなければならない」と指摘。意見交換で建専連の意向を確認する考えを示した。建専連側から日建連に対する要望も出してもらい、日建連の行動に反映していく方針も伝えた。
 才賀会長は「ビジョンに明記されたことをすべて実施するのは難しいが、できること、できないことをはっきりさせていきたい」と強調。担い手確保で最も重視すべき社会保険加入については、ゼネコン業界と協力して取り組むことが必要だと訴えた。

日建連、建専連と意見交換/ビジョン推進へ行動計画作成へ/社保加入促進で協力確認

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

    ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

  4. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  5. 大規模案件を直接受注、企業連合で大手に対抗する地方SE

  6. ブライダル市場で勝ち抜くキーワードは「なし婚」「少人数婚」「外国人」

  7. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  8. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  9. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  10. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

アクセスランキングをもっと見る

page top