中小機構近畿と弁理士会が提携…中小企業の知財活用を支援 画像 中小機構近畿と弁理士会が提携…中小企業の知財活用を支援

インバウンド・地域活性

 中小企業基盤整備機構近畿本部と日本弁理士会近畿支部は8日、知的財産の利活用を通じて中小企業を支援する「業務連携・協力に関する覚書」を締結する。地域の中小機構が弁理士会と提携するのは全国初で、近畿本部では金融機関や大学などに次ぐ13件目となる。今後、2015年中に事業計画を策定し、年度内に連携記念セミナーの開催を検討する。

 中小機構は経営支援課、弁理士会は知財普及・支援委員会を窓口とし、中小機構は既に8月から通常の窓口相談に同支部の弁理士が知財の相談を始めており、今後、同本部のイベントなどを通じて中小企業における知財の利活用を促進する。

 弁理士会は、会員約2500人に対して中小経営などの研修を実施し、知財戦略や経営コンサルティングなどの知識を得てもらい、支援の幅を広げる。今後は中小企業支援の一環である「弁理士知財キャラバン」などを通じて、弁理士の一般への認知度向上も進める。

 年度内に連携記念セミナーを開くほか、両者が個別に開催するセミナーやイベントでの知財や経営支援の相互PRや展示会への合同出展も検討していく。今後、近畿本部では、弁護士や中小企業診断士との連携も検討する。

中小機構近畿、弁理士会と提携―中小の知財活用支援

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  2. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  3. サンケイビル、ホテル開発を加速/新ブランドで100億円超えを目指す!

    サンケイビル、ホテル開発を加速/新ブランドで100億円超えを目指す!

  4. みなとみらい21の大規模複合ビル計画、JR横浜駅からペデストリアンデッキで接続

  5. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  6. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  7. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  8. 日本橋兜町再開発、「国際金融都市東京」構想の一翼を担う街づくりへ

  9. 【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

  10. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top