中小機構近畿と弁理士会が提携…中小企業の知財活用を支援 画像 中小機構近畿と弁理士会が提携…中小企業の知財活用を支援

インバウンド・地域活性

 中小企業基盤整備機構近畿本部と日本弁理士会近畿支部は8日、知的財産の利活用を通じて中小企業を支援する「業務連携・協力に関する覚書」を締結する。地域の中小機構が弁理士会と提携するのは全国初で、近畿本部では金融機関や大学などに次ぐ13件目となる。今後、2015年中に事業計画を策定し、年度内に連携記念セミナーの開催を検討する。

 中小機構は経営支援課、弁理士会は知財普及・支援委員会を窓口とし、中小機構は既に8月から通常の窓口相談に同支部の弁理士が知財の相談を始めており、今後、同本部のイベントなどを通じて中小企業における知財の利活用を促進する。

 弁理士会は、会員約2500人に対して中小経営などの研修を実施し、知財戦略や経営コンサルティングなどの知識を得てもらい、支援の幅を広げる。今後は中小企業支援の一環である「弁理士知財キャラバン」などを通じて、弁理士の一般への認知度向上も進める。

 年度内に連携記念セミナーを開くほか、両者が個別に開催するセミナーやイベントでの知財や経営支援の相互PRや展示会への合同出展も検討していく。今後、近畿本部では、弁護士や中小企業診断士との連携も検討する。

中小機構近畿、弁理士会と提携―中小の知財活用支援

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 水揚げ新鮮魚介が直接届くオーナー制度が登場! 漁業活性化へ

    水揚げ新鮮魚介が直接届くオーナー制度が登場! 漁業活性化へ

  2. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  3. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

    東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  4. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 日本橋一丁目中地区再開発(東京都中央区)/水辺を生かした施設配置も想定

  9. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  10. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

アクセスランキングをもっと見る

page top