経産省、海外向け日本酒スマホアプリ…ラベル読み取りで情報表示 画像 経産省、海外向け日本酒スマホアプリ…ラベル読み取りで情報表示

インバウンド・地域活性

 経済産業省は10月22日、外国人などをターゲットに日本酒の情報を提供するiOS向けアプリ「sakefan World」を提供する。アプリは無料。

 これは海外での日本酒浸透施策の一環として開発されたもの。輸出増加などで海外での日本酒人気が高まる一方で、ラベルなどの表記が日本語であることや、ワインのように統一表記が存在しないことから、外国人にはそれらの情報が理解しにくいという課題がある。

 アプリでは日本酒のラベルをiPhoneで読み込むことで、該当する日本酒の情報を英語で提供。名称やタイプ、アルコール度数のほか、合う料理などの情報を英語で表示する。また、動画や写真で蔵本の情報や酒造りの様子、酒造地域の情報といったコンテンツも付帯し、日本酒にまつわる文化や背景なども知ることができる。これにより文化背景を伝えることで、日本酒だけでなく日本のファン増加を狙うとのことだ。

 このほか、日本酒を飲んだ日付やコメント、お気に入りの日本酒を記録する機能を搭載。TwitterなどのSNSへの投稿機能も備え、自分の日本酒履歴や好みを記録、シェアできる。また、こうした外国人向けの情報発信を行う一方で、ユーザー情報を収集し、今後は銘柄ごとの人気の地域やニーズなどを蔵本ら日本酒関係者にフィードバック。PRだけでなくマーケティングツールとしても活用していく。日本語表記にも対応しており、小売店や飲食店などで外国人向けの商品説明でも利用できる。

 なお、アプリと同時にウェブサイト版も公開予定。ラベルの読み取りなど一部の機能は使えないが、同じく日本酒や蔵本などの情報を提供していく。22日から24日にかけてシンガポールで行われる日本食見本市「Oishii Japan 2015」では、日本酒の試飲会に加え、アプリの体験会も実施。海外へ向けてPRを行っていく。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】人工乳房から人工ボディパーツへ、そして世界へ――池山メディカルジャパン

    【地方発ヒット商品の裏側】人工乳房から人工ボディパーツへ、そして世界へ――池山メディカルジャパン

  2. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

    日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  3. トリップアドバイザーの活用で集客を確かなものにする!/インバウンド・ジャパン

    トリップアドバイザーの活用で集客を確かなものにする!/インバウンド・ジャパン

  4. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  5. 新たな「フェニックス族」――都市と地方の新たな関係

  6. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  7. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  8. 沖縄市多目的アリーナの全体計画、梓設計JVを選定

  9. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  10. 常滑市・大規模展示場整備のWTO入札公告。予定価格は341億

アクセスランキングをもっと見る

page top