経産省、海外向け日本酒スマホアプリ…ラベル読み取りで情報表示 画像 経産省、海外向け日本酒スマホアプリ…ラベル読み取りで情報表示

インバウンド・地域活性

 経済産業省は10月22日、外国人などをターゲットに日本酒の情報を提供するiOS向けアプリ「sakefan World」を提供する。アプリは無料。

 これは海外での日本酒浸透施策の一環として開発されたもの。輸出増加などで海外での日本酒人気が高まる一方で、ラベルなどの表記が日本語であることや、ワインのように統一表記が存在しないことから、外国人にはそれらの情報が理解しにくいという課題がある。

 アプリでは日本酒のラベルをiPhoneで読み込むことで、該当する日本酒の情報を英語で提供。名称やタイプ、アルコール度数のほか、合う料理などの情報を英語で表示する。また、動画や写真で蔵本の情報や酒造りの様子、酒造地域の情報といったコンテンツも付帯し、日本酒にまつわる文化や背景なども知ることができる。これにより文化背景を伝えることで、日本酒だけでなく日本のファン増加を狙うとのことだ。

 このほか、日本酒を飲んだ日付やコメント、お気に入りの日本酒を記録する機能を搭載。TwitterなどのSNSへの投稿機能も備え、自分の日本酒履歴や好みを記録、シェアできる。また、こうした外国人向けの情報発信を行う一方で、ユーザー情報を収集し、今後は銘柄ごとの人気の地域やニーズなどを蔵本ら日本酒関係者にフィードバック。PRだけでなくマーケティングツールとしても活用していく。日本語表記にも対応しており、小売店や飲食店などで外国人向けの商品説明でも利用できる。

 なお、アプリと同時にウェブサイト版も公開予定。ラベルの読み取りなど一部の機能は使えないが、同じく日本酒や蔵本などの情報を提供していく。22日から24日にかけてシンガポールで行われる日本食見本市「Oishii Japan 2015」では、日本酒の試飲会に加え、アプリの体験会も実施。海外へ向けてPRを行っていく。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

    和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  2. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  3. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

    東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

  7. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. 「新分野に売って出る」大木工藝社長・大木武彦氏…炭素技術のヘルスケア製品

  10. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

アクセスランキングをもっと見る

page top