インホイールモーター関連技術、特許総合力トップはトヨタ自動車 画像 インホイールモーター関連技術、特許総合力トップはトヨタ自動車

インバウンド・地域活性

パテント・リザルトは、日本に出願されたインホイールモーター関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果を「特許・技術調査レポート インホイールモーター関連技術」にまとめた。

インホイールモーターは、電気自動車(EV)の駆動用モーターを車輪近くに搭載し、直接車輪を駆動する技術。従来のEVはガソリン自動車のエンジンと同じような場所に駆動モーターを搭載していたが、インホイールモーターを搭載することで車体の自由度が上がり、またアクセルレスポンスの向上にもつながる。

本調査ではインホイールモーターに関する技術の特許を集計し、各個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」をベースとして、特許の質と量から総合的に見た評価を行った。その結果、総合力ランキングでは、1位トヨタ自動車、2位NTN、3位本田技研工業となった。

1位のトヨタ自動車は、モーター冷却用オイルのポンプや通路の配置を工夫することにより冷却効率を上げる技術の特許が高い注目度となっている。2位のNTNは減速機をコンパクトにする技術、3位本田技研工業は、連れ回りを防止できるモーター、減速機の配置に関する特許の注目度がそれぞれ高くなっている。

インホイールモーター関連技術、特許総合力トップはトヨタ自動車…パテント・リザルト

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

    徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

  4. ~着地型観光:2~外国人ウケする着地型観光のはじめ方(後編)

  5. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 泉岳寺周辺地区再開発、「泉岳寺」も専門アドバイザーとして参加!

  8. 「キャベツサイダー」登場! 捨てるなんてもったいない、外葉や芯からエキスを抽出

  9. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

  10. 「フォーシーズンズホテル京都」がオープン、4年以内に沖縄も!

アクセスランキングをもっと見る

page top