新内閣は自動車関係諸税の軽減を……自工会会長 画像 新内閣は自動車関係諸税の軽減を……自工会会長

インバウンド・地域活性

日本自動車工業会は、第3次安倍改造内閣発足について「経済を最優先するという強い意志の下、内閣が一致団結して、第2ステージに入るアベノミクスの政策を着実に実行されると期待する」との池史彦会長コメントを発表した。

国内の新車販売は、昨年の消費税引き上げの影響に加え、今年4月からの軽自動車税の引き上げで低迷している。こうした中で、「経済好循環の流れをさらに力強く回すためには、自動車需要を下支えする対策の実施が極めて重要であることから、複雑・過重な自動車関係諸税の簡素化・負担軽減」を要望する。

また、国内産業の活性化と国際競争力の維持・強化に向けて、「法人税改革の継続や研究開発促進税制の拡充を図るとともに、大筋合意されたTPPに続き、現在交渉中の日=EUやRCEP(東アジア地域包括的経済連携)など、経済連携協定の締結に向けた交渉の加速」を要望する。

自工会の池会長、第3次安倍内閣に「自動車関係諸税の軽減で国内市場下支えを」

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  5. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  6. 中部縦貫道・高山清見道路上野第二トンネル工事、市街地の渋滞緩和や物流効率化へ

  7. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  8. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  9. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  10. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

アクセスランキングをもっと見る

page top