太平洋セメント、福島大と共同で農地再生取り組み 画像 太平洋セメント、福島大と共同で農地再生取り組み

インバウンド・地域活性

 太平洋セメントは7日、福島大学が東日本大震災からの復興に向けて立ち上げた「うつくしまふくしま未来支援センター」(中田スウラセンター長)と、福島県内の農地再生に向けた共同研究を開始したと発表した。穀物の一種のソルガムなど、バイオマス資源となる「エネルギー作物」の栽培と、作物から発生するメタン発酵ガスによる発電などに取り組む。太平洋セメントは、廃棄物処理で培ったリサイクル技術や発電に関するノウハウを活用し、復興支援に貢献する。
 共同研究では、南相馬市の農地を活用する。まず、▽南相馬市の気候に合ったエネルギー作物種の選定▽菜の花などの油脂作物の二毛作体系による単位面積当たり収穫量の最大化▽メタン発酵残さの液体肥料利用-を実施し、効率的で複合的な土地利用を行う。将来的には、栽培したエネルギー作物を利用したメタン発酵によるバイオガス発電で、地元へのエネルギー供給などの事業を展開する。
 南相馬市内の畑では、既にソルガムの栽培・収穫が行われ、生育・収量評価を終えている。現在は、同市内の土地利用の現況調査を行っており、単位面積当たりのエネルギー発生量を計測し、事業化ポテンシャルの検証を行っていく。
 太平洋セメントとうつくしまふくしま未来支援センターは、農地再生の共同研究を行う契約を5月1日付で結んだ。期間は16年3月31日までで、共同研究の進ちょく状況に応じて延長する予定。
 太平洋セメントは、これまでも震災による災害廃棄物の処理や放射能汚染下にある農地の除染技術開発に取り組んできた。今後も、被災地のニーズに合わせた復興支援を行っていく方針だ。

太平洋セメント/農地再生に向けた取り組み開始/福島大学と共同研究

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  2. 中野区の新区役所庁舎基本設計、現庁舎の北西側に移転、改築

    中野区の新区役所庁舎基本設計、現庁舎の北西側に移転、改築

  3. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  4. みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

  5. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(2)

  6. 現役高校生が考える地域活性化ビジネス……千葉商科大「地元再発見コンテスト」が開催

  7. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  8. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  10. ~着地型観光:1~外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

アクセスランキングをもっと見る

page top