“モノづくり”が体験できる遊園地「グッジョバ!!」、2016年春オープン 画像 “モノづくり”が体験できる遊園地「グッジョバ!!」、2016年春オープン

インバウンド・地域活性

 よみうりランド(東京都稲城市、神奈川県川崎市)は2016年3月、“モノづくり”が体験できる機種をメインに15機種のアトラクションを新設したエリア、「グッジョバ!!」をオープンする。10月7日、参加企業と主要アトラクションを発表した。

 よみうりランド内にオープンする「グッジョバ!!」=GOOD JOB ATTRACTIONSは、日本最大級となる、“モノづくり”が体感できる新遊園地エリアだ。総工費は約100億円で、天候にかかわらず楽しめる屋内型遊戯施設が中心のエリアとなる。

 「グッジョバ!! 」は、生活に密着し、子どもたちが親しみやすい「CAR」=自動車、「FOOD」=食品、「FASHION」=ファッション、「BUNGU」=文具の4つの業種からなる「factory」で構成される。パートナー企業としてコクヨ(BUNGU)、日清食品(FOOD)、ワールド(FASHION)、島精機製作所(FASHION)、サポート企業として日産自動車(CAR)が参加する。

 各factoryでは、製品の製造工程を巡る屋内型のアトラクションが登場する。日本初となる、スパイラルリフト型ジェットコースターや映像ゲーム機能付きボートライド、自分でデザインした車が運転できるレースゲームをはじめ、アトラクションは全15機種。また、各factoryでは実際のモノづくりに触れられるワークショップも開催する予定。
《高木啓/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  6. スラムを住みたい街に変えた復興術-ジョンソンタウン編-

  7. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

  8. 富裕層インバウンドの法則その8

  9. 東京・浜松町一丁目地区再開発、近く本格着工

  10. 尾道市の千光寺公園のリニューアル、坂の町に調和したデザインに

アクセスランキングをもっと見る

page top