くまモン発案、トマト畑トラックに設計ミス!?

インバウンド・地域活性

くまモン、シートベルトの長さが足らず、まさかの東京行き断念……(トマト畑直送プロジェクト「トマトラ」出発式、熊本県庁にて、10月7日)
  • くまモン、シートベルトの長さが足らず、まさかの東京行き断念……(トマト畑直送プロジェクト「トマトラ」出発式、熊本県庁にて、10月7日)
  • 子どもたちは「いってらっしゃーい」と 熊本トマト畑直送プロジェクト「トマトラ」出発式(熊本県庁、10月7日)
  • くまモン、シートベルトの長さが足らず、まさかの東京行き断念……(トマト畑直送プロジェクト「トマトラ」出発式、熊本県庁にて、10月7日)
  • くまモン、シートベルトの長さが足らず、まさかの東京行き断念……(トマト畑直送プロジェクト「トマトラ」出発式、熊本県庁にて、10月7日)
  • くまモン、シートベルトの長さが足らず、まさかの東京行き断念……(トマト畑直送プロジェクト「トマトラ」出発式、熊本県庁にて、10月7日)
  • くまモン、シートベルトの長さが足らず、まさかの東京行き断念……(トマト畑直送プロジェクト「トマトラ」出発式、熊本県庁にて、10月7日)
  • 熊本トマト畑直送プロジェクト「トマトラ」出発式(熊本県庁、10月7日)
  • 熊本トマト畑直送プロジェクト「トマトラ」出発式(熊本県庁、10月7日)
2tトラックの助手席から、くまモンが崩れ落ちるように降りてきた。10月7日、熊本県庁で、ビニールハウスのトマト畑をそのままトラック荷台に積んだ「トマトラ」の出発式が行われ、くまモンや地元の子どもたち、ロアッソ熊本の選手やサポーターらが見送った。

このトマトラの発案者はくまモン。「新鮮なトマトを畑ごと持っていこう!」という想いから、熊本トマトを文字通り「産地直送」するというプロジェクトを始動させ、10月7日に熊本を出発し、10月10日の「トマトの日」に東京に到着するという“トマト片道きっぷの旅”が実現した。が、思わぬ事態で発案者のくまモンがこのトラックに乗れなかった。

この“動くトマト畑”は、厳しい温度管理や高速道路走行を想定し設計された。ビニールハウスは大型台風にも耐えられる特殊形状のものにし、ハウス内は32度以下に保たれるよう屋根に反射シートが貼り付けられたほか、運転席のエアコンからダクトを引き、荷台に冷気を送り込んでいる。

設計した杉浦修一(熊本県うき協連所属、トマト栽培37年)さんは「エアサスペンション付き10t保冷車ならともかく、2t車で平道を走って、生きたトマトを1200km運んだ例はない。全国初だと思う。熊本トマトは、生産量日本一だけでなく、品質も味も日本一だと思う。それが全国の方に知ってくれたらうれしいから、運送、自動車、板金、農業資材など、さまざまな業種のプロを集めて精一杯つくった」と振り返る。

しかし、トマト畑を運ぶための装備は万全を期したが、思わぬところで“設計不備”が発覚。トマトとともに東京へ向かうはずだったくまモンが、助手席に着席すると、なんとシートベルトの長さが足らず、同行を断念せざるを得ないという事態に。

“熊本発東京行きトマト畑”は、8日に大阪、9日に名古屋を経由し、10日、東京・お台場パレットタウンに到着予定。くまモンは別の部隊とともに東京に向かうという。

くまモン発案、“熊本発東京行きトマト畑トラック”に思わぬ設計ミス!? 出発式で呆然

《大野雅人》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 広島駅南口再開発ビル「EKICITY HIROSHIMA」、新たなランドマークの誕生

    広島駅南口再開発ビル「EKICITY HIROSHIMA」、新たなランドマークの誕生

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  4. 東京都・勝どき東地区再開発、大江戸線勝どき駅をつなぐ地下通路を新設

  5. 泉岳寺周辺地区再開発、「泉岳寺」も専門アドバイザーとして参加!

  6. プレスくずが排出されない?工場トラブルの監視システムが高速カメラに対応

  7. 新潟の三セク鉄道2社がラッピング列車でコラボ、補助金を活用

  8. 名古屋市が大規模展示場整備の調査結果を公表

  9. リニア新幹線導水路トンネルの地質調査開始――詳細ルートは今秋にも明示

  10. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

アクセスランキングをもっと見る

page top