ECサイト向け「人工知能を用いた自動販促ツール」が登場 画像 ECサイト向け「人工知能を用いた自動販促ツール」が登場

マネジメント

 7日、“人工知能がECサイト内のユーザ行動を学習”し“最適なタイミングで最適な販促を実現”することにより、“購買率や継続率を最大化”するというECサイト向け「人工知能を用いた自動販促ツール」が発表された。

 同サービスの提供開始を発表したのはオンライン決済プラットフォームを運営する株式会社メタップス(東京都新宿区)。この「SPIKEオートメーション」と名付けられた人工知能ツールは、これまで10万人以上の事業者に決済を提供してきた同社による、購買行動分析のノウハウを活かしたサービスだという。

 一度サービスを導入する事で、人工知能がユーザーの行動パターンを学習し続け、利用するごとに“賢くなっていく”という同サービス。「初回購入時のハードルを下げる」「他商材を勧めることでクロスセルを実現する」「リピート顧客の購入を促進し、売上を向上させる」といった例を“実現できること”として同社は挙げている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 日本サービス大賞、野中委員長に聞く…賞のねらいと活動内容

    日本サービス大賞、野中委員長に聞く…賞のねらいと活動内容

  2. ”3500人の主婦ネットワーク”で始める新事業!? 現在アイディア募集中

    ”3500人の主婦ネットワーク”で始める新事業!? 現在アイディア募集中

  3. 無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立

    無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立

  4. 道路舗装上場大手6社、15年4~12月期決算で全社増益、需要低調

  5. 【回転窓】民間工事にも「発注者責任」を

  6. 物流デベロッパー・トップの視点(6):レッドウッドグループ、時間かけ川上から土地情報把握

  7. 日本酒の「海外売り込み」に酒蔵、日本酒業界が本腰

  8. 九州整備局と福岡県、女性技術者登用現場で見学会開催

  9. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

  10. 始業前にストレッチ…ヤマハ発動機が制作

アクセスランキングをもっと見る

page top