JR九州、九大跡地の複合ビルを起工 画像 JR九州、九大跡地の複合ビルを起工

インバウンド・地域活性

 JR九州が九州大学六本松キャンパス跡地で計画していた「六本松複合ビル(仮称)新築工事」が着工を迎え、6日に安全祈願祭が開かれた。設計は山下設計、施工は大林組が担当する。
 式典では、JR九州の青柳俊彦社長が鎌入れ、高島宗一郎福岡市長が鍬入れ、山下設計の藤田秀夫副社長が鋤入れを行い、大林組の森下高好所長の介添えで杉山直副社長執行役員が杭打ちを行い、工事の安全を祈願した。
 神事後、建築主を代表して青柳社長は「既に着工した西街区の分譲マンションに続き、東街区の複合施設が着工した。子どもから老人まで幅広い人間が集い、住んで、遊び、学ぶ、にぎやかな街になってほしい。施工者の方には安全第一で完工してほしい」とあいさつ。
 杉山副社長執行役員は「世代間交流を目指す複合施設の建設に携われることができ大変うれしく思っている。工程管理、品質管理はもとより、安全に配慮して期待される建物を完成させる」と語った。
 六本松複合ビルの建設地は福岡市中央区六本松4の300の15。九州大学六本松キャンパス跡地の北側に当たる国道202号沿いの東街区。建物の規模はS・RC造地下1階地上13階建て延べ約3万7000平方メートル。商業施設、科学館、九州大学大学院、住宅型有料老人ホームなどが入る複合施設となる。
 □森下所長の話□
 「交通量が多いので西街区と連携して安全面には特に注意したい。地域の人々とも協力しながら無事故・無災害で完工したい」。

JR九州/六本松複合ビル新築(福岡市中央区)が起工/九州大学跡地、施工は大林組

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

    羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  2. 神戸港の将来構想発表、国際競争力強化へクルーズ船への対応も

    神戸港の将来構想発表、国際競争力強化へクルーズ船への対応も

  3. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  4. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 西広島駅西地区再開発、期待される広島市の西の玄関口

  7. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  8. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  9. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top