日本人ICCTメンバーに聞く「VW不正のメカニズムと規制の行方」 画像 日本人ICCTメンバーに聞く「VW不正のメカニズムと規制の行方」

マネジメント

 独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題が波紋を広げている。不正発覚のきっかけとなった国際非営利団体、国際クリーン交通委員会(ICCT)のメンバーであり、長年ディーゼルエンジンを研究する早稲田大学の大聖泰弘教授に、不正の仕組みや排ガステストのあり方について聞いた。

 ―不正発覚の経緯は。
 「欧州で排ガス規制が強化されたが大気汚染が改善しない。このため欧州では、試験場で行う台上テストだけでなく、実際の道路を走行して排ガスをテストする方法を取り入れる動きがある。その一環でICCTが米ウェストバージニア大学に調査を委託し、米国でVWのディーゼル車を実走行したらNOXが規制値を大幅に超えた。それが発覚につながった」

 ―問題の車両は「ディフィートデバイス(無効化装置)」を使っていました。
 「一般にNOXの排出量を抑制しようとすると、すすの排出量が多くなり、燃費も悪化する。NOX対策をせず、すすの排出を減らして燃費を改善するのが無効化装置の狙いだ。台上テストではハンドルを動かさない。悪質なのはそれを装置が認知して台上テストの時だけNOX対策を無効化していることだ」

 ―VWはなぜ不正をしたと思いますか。
 「VWは世界販売の拡大を狙っていた。特に米国の販売は苦戦していた。ディーゼル車はコストが高く、販売後の不具合時のコストもかさむ。VWは大衆車に強みがあり、コストが高くできないことも背景にある」

 ―排ガステストのあり方に疑念が生じています。
 「排ガス測定装置を車両に搭載し、実際に道路で走行している状態でテストする方法が有効だ。『RDE』という手法で欧州では2017年に導入される。世界で排ガス試験法を統一する動きもあり、不正はしづらくなる傾向にある。ただ台上テストでやる限り無効化装置は見破れない。台上テストとRDEを組み合わせるのが望ましい」

 ―RDEは各地に広がっていますか。
 「まだ欧州だけしか導入が決まっていない。今回の不正問題で加速するかもしれない」

 ―メーカーの負担が増えそうです。
 「排ガスを浄化する触媒機能を強化したり、エンジンの制御を厳しくしたりしなければならない」
(聞き手=池田勝敏)

日本人ICCTメンバーに聞く。VW不正のメカニズムと規制の行方

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 後継者探しや事業引継ぎ、あなたの会社は大丈夫? 中小機構が専用サイトを開設

    後継者探しや事業引継ぎ、あなたの会社は大丈夫? 中小機構が専用サイトを開設

  2. 東京建物、台東区の超高層マンション施工者を三井住友建設に決定

    東京建物、台東区の超高層マンション施工者を三井住友建設に決定

  3. おもてなしを世界に発信するプロジェクト、今年の受賞90対象が決定

    おもてなしを世界に発信するプロジェクト、今年の受賞90対象が決定

  4. 新車購入後、初期不具合がもっとも低いブランドは?…2015年JDパワー調査

  5. 建設の社保加入率、企業単位では95.6%に…全地域で9割超え

  6. 鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

  7. 支援受けた創業者の64事例、中小企業庁がまとめる

  8. ダイキン工業、大型施設向け空調事業を強化

アクセスランキングをもっと見る

page top