シスメックス「うつ病の検査システム」を開発、実用化目指す 画像 シスメックス「うつ病の検査システム」を開発、実用化目指す

ライフ

 シスメックスはうつ病(大うつ病性障害)の検査システムを開発する。脳内で多く発見される代謝物質、リン酸エタノールアミン(PEA)の血中濃度を把握し、うつ病の発症の有無や発症する可能性、発症後における治療の進捗(しんちょく)確認などを定量的に示せるシステムとする。数年後の実用化を目指す。現在、うつ病の診察は問診が主で、主観的な要素を排除できない。実用化できれば、数値を基にした客観的に把握できる日本初のシステムとなる。

 PEAの血中濃度でうつ病を検査するバイオマーカー関連特許を持つヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(HMT)から、特許の通常実施権の許諾を得た。シスメックスはHMTと2013年から共同研究していたが、研究が進展したことからシスメックス単独で開発する。今後、薬事承認取得を前提に、より高い精度で短時間に検査できるシステムを目指す。

 現在のうつ病の診察は「身体がだるいか」「睡眠が取れるか」などの問診が主。発症しているのか、治療法が効いているのかなどの客観的な把握が難しい。定量的な検査システムが実用化されれば、医師や患者、企業などの雇用主が状態を正確に把握し、対策を取りやすくなる。

 HMTは、国立精神・神経医療研究センターと医療法人社団行基会の川村則行理事長・医師と共同研究を実施。CE―MS法(キャピラリー電気泳動・質量分析法)を使ったメタボローム解析(代謝物の網羅的解析)により、PEAの血中濃度が一定以上低い場合はうつ病の可能性が高いとする、うつ病のバイオマーカーであることを発見。関連特許を日本と米国、中国で取得している。

シスメックスがうつ病の検査システム開発へ。数値を客観化できれば日本初

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

ライフ アクセスランキング

  1. 高齢者向けビジネスのキーワードは「カラオケ×ICT」――NTTと第一興商が共同検討

    高齢者向けビジネスのキーワードは「カラオケ×ICT」――NTTと第一興商が共同検討

  2. 「資産は残さず」「老後は自分で」…親も子も“自己解決”望む

    「資産は残さず」「老後は自分で」…親も子も“自己解決”望む

  3. 【流通ウォッチ】「袋詰め」鶏肉がトレーなしで採用広がる、エコと販促の一手

    【流通ウォッチ】「袋詰め」鶏肉がトレーなしで採用広がる、エコと販促の一手

  4. 再生色画用紙「フレッシュカラー」シリーズに新色登場

アクセスランキングをもっと見る

page top