ラーメンで沿線振興…愛知・にしがま線応援団 画像 ラーメンで沿線振興…愛知・にしがま線応援団

インバウンド・地域活性

 名古屋鉄道(名鉄)西尾線と蒲郡線の振興を目指す住民有志「にしがま線応援団」が、沿線にある西尾市と蒲郡市の特産を活用した「にしがまラーメン」を開発した。9月中旬に西尾市で開いた路線振興イベント「鉄研」で、お披露目。300食分を限定販売し、好評だった。
 二つの路線は名鉄西尾駅と蒲郡駅を結び総距離は27.3キロで、「西蒲線」と呼ばれる。住民の足として親しまれてきたが、利用者減少から廃線の危機を迎えている。

 そのため応援団は、振興策として車内や沿線でイベントを開き、「鉄研」は今年で2回目。

 「にしがまラーメン」のスープは、三河湾(西尾市、蒲郡市)のアサリを中心に昆布やホタテを使い、西尾市のたまりじょうゆを加えた、あっさり風味。ちぢれ細麺の上に、西尾市吉良地区産ののり、蒲郡産のちくわ、県内産ネギをトッピングしている。

 4月から開発に携わり、試作を繰り返してきた西尾市の醸造会社代表で応援団事務局の鈴木茂さんは「今後は、地元産の塩やみそを使った『にしがまラーメン』も検討している。このラーメンで沿線を盛り上げ、西蒲線の今を市民に伝えていきたい」と話している。

 17、18日に開く「JA西三河農業まつり」など地域のイベントでも、応援団が「にしがまラーメン」を販売し、同路線の利用促進をアピールする予定だ。

地元食材たっぷり ラーメンで沿線振興 愛知・にしがま線応援団

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  4. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  5. ■ニュース深掘り!■中野から考える、都市部の駅前再開発

  6. 東京都・石神井川の治水対策、城北中央公園直下に地下調節池を新規整備

  7. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  8. コーヒー店が大豆商品を販売!? 隠された農家の物語とは?

  9. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  10. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

アクセスランキングをもっと見る

page top