金沢市の御所トンネル工事を再開へ…斜面崩壊 画像 金沢市の御所トンネル工事を再開へ…斜面崩壊

インバウンド・地域活性

 北陸地方整備局金沢河川国道事務所は、今年3月に斜面が崩れたため工事を中止していた御所トンネルII期工事について、対策工法を決定、工事を再開することを明らかにした。地山が崩れないように鉄筋を挿入するほか、緩んだ地山を薬液で固める工事を行う=図参照。
 御所トンネルII期は国道159号金沢東部環状道路の一部で延長490メートル。399メートル掘削した段階で斜面が崩れたため工事を中止して対策を練っていた。
 工事場所は金沢市小坂町地先~御所町地先。施工は西松建設が担当している。北陸整備局金沢河川国道事務所は対策工事後の予定について「掘削再開は来年夏を、貫通は16年度末を目指す。道路の開通時期は当初計画通り17年度内を予定している」と話している。

北陸整備局/御所トンネルII期工事(金沢市)/斜面崩壊の対策工法決定、工事再開へ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  2. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  3. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

    東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  4. 「社会的行為」から「個人的体験」へ。変化を迫られる観光

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. リニア新幹線に向け、沿線自治体が用地取得を強化!

  7. 全国3000誌の頂点は――「日本タウン誌・フリーペーパー大賞2015」エントリー開始

  8. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  9. 電動一輪車「ワンホイール i-1」のテストモニター100台追加

  10. 尼崎市・園田西武庫線御園工区、建設に本格着手。交通円滑化へ

アクセスランキングをもっと見る

page top