横浜港臨港道路橋梁工事の架設作業を公開 画像 横浜港臨港道路橋梁工事の架設作業を公開

インバウンド・地域活性

 ◇施工は川田工業JV/大型起重機船で巨大橋桁架
 関東地方整備局は4日、横浜港の南本牧ふ頭と本牧ふ頭地区を結ぶ橋梁の橋桁架設工事現場で、大型起重機船を使った大ブロック一括架設工法を報道陣に公開した=写真。約1460トンの巨大橋桁を日の出から日没までの間に安全に据え付けた。この工事で、3ブロックに分割して行った架設が完了し、橋桁が一本につながった。
 公開したのは「横浜港臨港道路南本牧ふ頭本牧線(VI工区)橋梁上部工事」の橋桁架設工事。施工は川田工業・日立造船JVが担当している。
 つながった橋桁は鋼3径間連続鋼床版箱桁形式。橋長約500メートル、幅員15・5~14・7メートル、総重量は約6160トン。桁を3ブロックに分割し、それぞれ大型起重機船でつり上げて一括架設する工法を採用している。今回公開した三つ目の大ブロックは長さ120メートル、高さ6メートル、幅員15・5メートル。
 施工手順は、広島、香川、富山県の3工場で製作した部材を千葉県袖ケ浦市のヤードで組み立てて2万5000トン積み級の台船で海上輸送し、3000トンづり起重機船で一気に架設する。大ブロック1(長さ200メートル、重量2400トン)は9月6日、大ブロック2(長さ185メートル、重量2300トン)は同22日に架設を終えていた。
 横浜港の臨港道路整備事業は、世界最大級のコンテナ船に対応するコンテナターミナルを擁する南本牧ふ頭と、本牧地区の陸上輸送機能強化が目的。整備区間は南本牧ふ頭~本牧ふ頭(1期)。整備延長は2・7キロで首都高速湾岸線に接続する。16年度に完成する予定だ。

関東整備局/臨港道路本牧線VI工区橋梁上部工/大ブロック一括架設作業を公開

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【東北の農林水産業は復活する!】最新設備で生まれ変わる水産加工ビジネス、気仙沼復興の今

    【東北の農林水産業は復活する!】最新設備で生まれ変わる水産加工ビジネス、気仙沼復興の今

  2. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

    名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  3. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

    なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  4. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  5. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  6. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  7. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  8. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  9. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  10. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top