モバイル通信対応二足歩行ロボット、シャープが開発 画像 モバイル通信対応二足歩行ロボット、シャープが開発

IT業務効率

 シャープは6日、二足歩行が可能でモバイル通信に対応したヒューマノイドロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」を開発したと発表した。2016年前半の発売を予定している。

 全高は約19.5cm、重さは約390gと小型で、鞄などに入れて屋外へも手軽に持ち運びできるロボット型の次世代モバイル端末。ロボットクリエイター高橋智隆氏とシャープが共同開発した。LTE/3Gに対応し、音声通話やメール、カメラ、液晶タッチパネルなど携帯電話の基本機能を搭載しているほか、新開発のフォーカスフリー小型プロジェクターも装備している。

 本体には約2インチのディスプレイ、1.2GHz駆動のクアッドコアを搭載し、操作は音声でも行える。LTEのほかWi-Fi(b/g/n)にも対応する。価格はまだ未定とのこと。

シャープが二足歩行ロボット!モバイル通信対応で来年発売

《関口賢》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 中部整備局、ドローン使い港湾施設の被災状況調査試験実施/ひび割れ・段差を確認

    中部整備局、ドローン使い港湾施設の被災状況調査試験実施/ひび割れ・段差を確認

  2. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

    サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

  3. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

    すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  4. 大林組、AI活用技術の開発体制強化/AIやIoTで生産性を向上

  5. 大林組がIoTやAI活用のビル管理システムの開発へ、ウェルネス建築の一環

  6. 大成建設がスマートコミュニティー実現へ取り組み強化

  7. 静岡県がドローンで庁舎外壁調査、期間短縮とコスト削減

  8. サービス業のIT利用最前線!6 チャットボットで現場情報を共有、効率化

  9. テラドローンとKDDI、ドローンの長距離自律飛行に成功/高速通信網と3D地図活用

  10. 大林組の「現場ロボット溶接工法」、作業量は技能者の1.5倍!

アクセスランキングをもっと見る

page top