モバイル通信対応二足歩行ロボット、シャープが開発 画像 モバイル通信対応二足歩行ロボット、シャープが開発

IT業務効率

 シャープは6日、二足歩行が可能でモバイル通信に対応したヒューマノイドロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」を開発したと発表した。2016年前半の発売を予定している。

 全高は約19.5cm、重さは約390gと小型で、鞄などに入れて屋外へも手軽に持ち運びできるロボット型の次世代モバイル端末。ロボットクリエイター高橋智隆氏とシャープが共同開発した。LTE/3Gに対応し、音声通話やメール、カメラ、液晶タッチパネルなど携帯電話の基本機能を搭載しているほか、新開発のフォーカスフリー小型プロジェクターも装備している。

 本体には約2インチのディスプレイ、1.2GHz駆動のクアッドコアを搭載し、操作は音声でも行える。LTEのほかWi-Fi(b/g/n)にも対応する。価格はまだ未定とのこと。

シャープが二足歩行ロボット!モバイル通信対応で来年発売

《関口賢》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  2. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

    【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  3. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  4. 【地方発ヒット商品の裏側】破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  5. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  6. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  7. 「ラー麦女子部」が活躍中!ところで、ラー麦って何?

  8. 【ITで強い商店街を作る:4】地域カードで商店街の垣根を越える

  9. 新宿三井ビル屋上設置TMD、制震効果を発揮。建物の揺れを軽減

  10. 日建連専門部会が洋上風力発電の促進で報告書。基地港湾と専用作業船必要、課題はコスト

アクセスランキングをもっと見る

page top