モバイル通信対応二足歩行ロボット、シャープが開発 画像 モバイル通信対応二足歩行ロボット、シャープが開発

IT業務効率

 シャープは6日、二足歩行が可能でモバイル通信に対応したヒューマノイドロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」を開発したと発表した。2016年前半の発売を予定している。

 全高は約19.5cm、重さは約390gと小型で、鞄などに入れて屋外へも手軽に持ち運びできるロボット型の次世代モバイル端末。ロボットクリエイター高橋智隆氏とシャープが共同開発した。LTE/3Gに対応し、音声通話やメール、カメラ、液晶タッチパネルなど携帯電話の基本機能を搭載しているほか、新開発のフォーカスフリー小型プロジェクターも装備している。

 本体には約2インチのディスプレイ、1.2GHz駆動のクアッドコアを搭載し、操作は音声でも行える。LTEのほかWi-Fi(b/g/n)にも対応する。価格はまだ未定とのこと。

シャープが二足歩行ロボット!モバイル通信対応で来年発売

《関口賢》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. NHK『超絶 凄ワザ!』の対決に初めて参戦した国の機関とは?

    NHK『超絶 凄ワザ!』の対決に初めて参戦した国の機関とは?

  2. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

    ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  3. 【VRと中小企業:1】VRスマホが転機、実用進む3業種とは?

    【VRと中小企業:1】VRスマホが転機、実用進む3業種とは?

  4. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  5. リオ五輪出場のタイ人女子プロゴルファー、飛距離の秘密は日本製!

  6. 民泊の強い味方登場!? 驚きのスマートロック(後編)

  7. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  8. 竹中工務店、電力自由化向けエネルギーマネジメントシステム開発

  9. 空き家管理・活用ノウハウをパッケージ化して全国展開……空家・空地管理センター

  10. 電気・水道・ガスの使用量自動計測、五輪選手村で初の共同検針

アクセスランキングをもっと見る

page top