モバイル通信対応二足歩行ロボット、シャープが開発 画像 モバイル通信対応二足歩行ロボット、シャープが開発

IT業務効率

 シャープは6日、二足歩行が可能でモバイル通信に対応したヒューマノイドロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」を開発したと発表した。2016年前半の発売を予定している。

 全高は約19.5cm、重さは約390gと小型で、鞄などに入れて屋外へも手軽に持ち運びできるロボット型の次世代モバイル端末。ロボットクリエイター高橋智隆氏とシャープが共同開発した。LTE/3Gに対応し、音声通話やメール、カメラ、液晶タッチパネルなど携帯電話の基本機能を搭載しているほか、新開発のフォーカスフリー小型プロジェクターも装備している。

 本体には約2インチのディスプレイ、1.2GHz駆動のクアッドコアを搭載し、操作は音声でも行える。LTEのほかWi-Fi(b/g/n)にも対応する。価格はまだ未定とのこと。

シャープが二足歩行ロボット!モバイル通信対応で来年発売

《関口賢》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  2. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

    ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  3. サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳

    サービス業のIT利用最前線!4 利用者、事業者ともにハッピーな予約台帳

  4. 堀江貴文、IoT時代の経営語る!「色んなものを捨てなきゃ」

  5. 【今流スマホ予約・前編】“スマホ→即予約”が外食を変える!?

  6. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

  7. ミニトマト糖度の次のトレンド、赤色色素量を数秒で測定

  8. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  9. 三井住友建設が物流施設向けにPCaPC工法開発、高品質・短時間で大スパン化実現

  10. ~スマート林業:6~新しい人材、新しい学びの場

アクセスランキングをもっと見る

page top