モノづくりの課題を解決、“共創型”商品企画・量産支援サービス 画像 モノづくりの課題を解決、“共創型”商品企画・量産支援サービス

マネジメント

 コシオカ産業(奈良県香芝市)は6日、モノづくりの課題をオープンイノベーションで解決するための”共創型商品企画・量産支援サービス”となる「MONOCOTO(モノコト)」を発表した。

 EC・通販事業者、GMS事業者、卸ベンダーの商品企画・バイヤーを対象とした同サービス。モノづくリに関する課題を解決をしながら、企画やデザインから、商品の量産までにワンストップで対応可能だという。

 同サービスでは、事業者の相談に応じて企画案の検討からラフデザインの提示までに無償で対応し、通常はプロセスごとに分類される商品開発から製造・量産までの工程に一貫して対応。デザイナー、設計師、加工ごとの量産パートナーといった外部のプロフェッショナルでチーム化し、売れる商品を開発するためにオープンイノベーションで課題解決を図るとしている。

 3つのプランに分かれた同サービス。“商品開発ですべてのプロセスを共創型でアウトソーシング”するトータルプロデュースの「Premier」プランほか、作りたい商品のイメージが既にある場合の「Design」プラン、量産部分だけアウトソーシングを希望する場合の「Manufacture」プランが用意されている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. ルノー日産連合はどう生まれた? 死去の元日産会長・塙氏の決断

    ルノー日産連合はどう生まれた? 死去の元日産会長・塙氏の決断

  2. レクサス・マレーシア、2.0ターボ搭載の「IS200t」を発表

    レクサス・マレーシア、2.0ターボ搭載の「IS200t」を発表

  3. 労働者1人あたりの生産量、2014年度は5年ぶり下落

    労働者1人あたりの生産量、2014年度は5年ぶり下落

アクセスランキングをもっと見る

page top