モノづくりの課題を解決、“共創型”商品企画・量産支援サービス 画像 モノづくりの課題を解決、“共創型”商品企画・量産支援サービス

IT業務効率

 コシオカ産業(奈良県香芝市)は6日、モノづくりの課題をオープンイノベーションで解決するための”共創型商品企画・量産支援サービス”となる「MONOCOTO(モノコト)」を発表した。

 EC・通販事業者、GMS事業者、卸ベンダーの商品企画・バイヤーを対象とした同サービス。モノづくリに関する課題を解決をしながら、企画やデザインから、商品の量産までにワンストップで対応可能だという。

 同サービスでは、事業者の相談に応じて企画案の検討からラフデザインの提示までに無償で対応し、通常はプロセスごとに分類される商品開発から製造・量産までの工程に一貫して対応。デザイナー、設計師、加工ごとの量産パートナーといった外部のプロフェッショナルでチーム化し、売れる商品を開発するためにオープンイノベーションで課題解決を図るとしている。

 3つのプランに分かれた同サービス。“商品開発ですべてのプロセスを共創型でアウトソーシング”するトータルプロデュースの「Premier」プランほか、作りたい商品のイメージが既にある場合の「Design」プラン、量産部分だけアウトソーシングを希望する場合の「Manufacture」プランが用意されている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:前編

    アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:前編

  2. ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

    ~シェア経済が生む新ビジネス:1~バッグを共有する世代の登場

  3. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:後編

    アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:後編

  4. 【3Dプリンターと製造業:4】3か月を3日に圧縮する新モノづくり

  5. 電源ICのトレックス、民生機器から車載機器向けに戦略シフト

  6. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(建設会社編)

  7. 国交省がICT土工を浚渫工にも拡大。i-Con委報告書案、平準化など3施策重点

  8. 日本の野菜や牛乳を海外へ、ホクレンら5社と鮮度保持技術の実証実験

  9. テレインフォ、ドローンを活用した施設保守点検サービス開始

  10. EV使用済みバッテリーを家庭用蓄電池や充電器に再利用――4Rエナジー

アクセスランキングをもっと見る

page top