始業前にストレッチ…ヤマハ発動機が制作 画像 始業前にストレッチ…ヤマハ発動機が制作

マネジメント

ヤマハ発動機は、ブランドスローガン「Revs your Heart」をテーマにした「Revストレッチ」を開発し、10月5日から全社に導入すると発表した。

ブランドスローガンを社内に浸透させるとともに、就業に向けての体の準備と気持ちのリフレッシュを図るのが目的。

開発したRevストレッチは、ブランドスローガン「Revs your Heart」をテーマに、全体にストーリーを持たせ、音楽、回転をモチーフにした動作などを取り入れた同社オリジナルのストレッチ。

最新のストレッチ理論を採用し、1つの部位を「動」と「静」で動かすことにより、社員の悩みとして多い、腰痛と肩こりの予防に役立つ動きを取り入れた。

ストレッチが終わりに近づくと、音楽で盛り上げ、ストレッチの途中にはバイクのエンジン音の効果音を入れるなど、要所に気持ちを高ぶらせる工夫を施した。朝からRevストレッチを行い、体を動かし気分を盛り上げることで、抑うつやストレス軽減を図る。

制作にあたっては、体の動きをジュビロ磐田のフィジカルコーチである菅野淳氏に、音楽をAKB48の作曲などを手掛けているヤマハミュージックパブリッシングの専属作曲家である鶴崎輝一氏がそれぞれ担当した。

ヤマハ、始業前のストレッチを新開発…バイク音取り入れ、ブランド体現

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 2015年上半期、自動車国内生産実績は、8.2%減の465万0840台

    2015年上半期、自動車国内生産実績は、8.2%減の465万0840台

  2. 国交省土地・建設産業局長「業界の将来、環境変化で機運高まる」

    国交省土地・建設産業局長「業界の将来、環境変化で機運高まる」

  3. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

    2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

  4. JTB社長に聞く2016年の観光振興

  5. 物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

  6. 国交省/発注関係事務、16年夏に統一指標/重点項目に予定価格・設計変更・平準化

  7. 日本造園企業年金基金、加入対象業種を大幅拡大

  8. 物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

  9. 飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

アクセスランキングをもっと見る

page top