自撮り機能など搭載、多機能自販機 キリンビバレッジが展開 画像 自撮り機能など搭載、多機能自販機 キリンビバレッジが展開

マネジメント

 キリンビバレッジはフレーム付き自撮り写真機能などを搭載したデジタルサイネージ自動販売機の展開を始める。インテルの技術とLINEが提供する企業向けソリューションを活用。清涼飲料を購入した客が自販機のカメラで自分を撮影して写真をLINEで受け取れる。駅や空港、商業ビルなど設置先の要望に応じた広告動画配信、中国語や英語などの多言語対応も可能。年内に数十台を都市部に設置、2016年から本格展開を目指す。

 デジタル自販機は高さ1810ミリ×幅1160ミリ×奥行き630ミリメートルの大きさ。前面に液晶ディスプレーがあり、広告動画や商品説明、設置場所に応じた情報案内ができる。中国人客が中国語案内を選択すると「生茶」の商品説明やカロリー表示を画面で流したり、観光地では天気予報や気温情報、道案内情報などを表示する。

 自販機はすべてネットワーク管理し、○時○分に500ミリリットルの生茶の15本目が売れたといった情報の取得や、特売日や時間を設定した値引き販売も可能。

 キリンビバが全国で展開する自販機は約24万8000台。7月に自販機関連の商品企画と販売管理を行う、キリンビバレッジバリューベンダーを設立した。台数が増えれば写真撮影客の男女や年齢情報から販売マーケティングに役立てることも可能という。

“自撮り”できます!キリンビバレッジが多機能自販機

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

    物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

  2. 八千代エンジニヤリング、5カ年計画で社員1割増、売上目標220億

    八千代エンジニヤリング、5カ年計画で社員1割増、売上目標220億

  3. 鹿島道路、増永修平氏が4月1日付で社長就任

    鹿島道路、増永修平氏が4月1日付で社長就任

  4. 次期社長が見つかる? 後継者不在で悩む中小経営者向けに「後継者バンク」創設

  5. 海外進出を現地パートナーが支援、マッチングサービスが登場

  6. 中小企業の初任給調査、地域によって首都圏との差が3万円弱も!?

  7. 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

  8. 全建「就労履歴システム検討ワーキンググループ」が初会合

  9. 未来のトラックに求められるのは「高い安全性能」

  10. モノ・カネが動かした明治維新…薩摩藩の技術経営に学ぶ

アクセスランキングをもっと見る

page top