【凜】東芝エレベータBIM技術担当・加藤裕子さん/幼いころから図面に親しむ 画像 【凜】東芝エレベータBIM技術担当・加藤裕子さん/幼いころから図面に親しむ

人材

 ◇BIMを一から勉強、充実の毎日
 2009年からBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)に関する業務に携わっている。3次元CADを用いてエレベーターのドアやかごなどのさまざまパーツを作成。「毎日の仕事が楽しい」と笑顔で話す。
 実家が電気工事業を営んでいたことが入社の大きなきっかけになった。幼いころから自宅にたくさんあったのが建築図面。そんな環境で育つ中、自然と「将来は建設に関わる仕事をしたいと考えるようになった」という。
 BIM関連の業務に配属された当時は、会社もBIMの導入に動き始めたばかりで、専門の部署もなかった。もちろん自身もBIMに関する知識は全くなく、一から勉強を始めた。「試行錯誤の毎日だったが、今では社内の人に質問されても、ほとんど対応できるまでになった」と胸を張る。
 エレベーターは図面を作成する際、何人乗りにするのか、何基必要かなどを細かいデータを利用して詳細に計算する必要がある。
 2次元の図面に起こす場合は、多くの手間と長い時間がかかる。BIMを導入することで、作業の効率性と正確性が大幅に向上する。
 全国の社員からBIMに関する質問が電話でも数多く寄せられる。BIMに触れたことがない社員にどのように説明すればいいのか、戸惑うことも多い。自分の持っている知識を相手にうまく伝えていくことも目標の一つだ。(ビルソリューション技術部、かとう・ゆうこ)

凜/東芝エレベータビルソリューション事業本部BIM技術担当・加藤裕子さん

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 事業承継と親族後継者の「学び」

    事業承継と親族後継者の「学び」

  2. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  3. 迫る中小経営者の大量引退時代。廃業ラッシュは食い止められるか?

    迫る中小経営者の大量引退時代。廃業ラッシュは食い止められるか?

  4. ■ニュース深堀り!■変わる制度と環境、シニア人材雇用の企業事情

  5. 建設コンサル各社で離職率低下、ワークライフバランスの広がりが決め手

  6. 日建連が長時間労働是正へ支援要請。国交相と意見交換、週休2日に理解促進を

  7. 国交省とよしもとの「おうちクラブ」、スカイツリーから現場女子を応援!

  8. 企業同士がつながり、新たなものを生み出す! 「なでしこ広報会」の取組み

  9. 【社歌コン 応募社の横顔:15】歌で始める地域創生-千葉のイベント会社

  10. 2016年の新入社員のタイプは「ドローン型」

アクセスランキングをもっと見る

page top