狩猟者の人材バンク制度を開始 福井県と県猟友会

インバウンド・地域活性

 福井県と県猟友会は、県内の狩猟者を選抜登録し、市町の依頼に応じて派遣する狩猟者の人材バンク制度を始める。狩猟者の機動的な派遣により、鳥獣被害が多い割に狩猟者数が足りない地域の対策をてこ入れすることが狙いだ。早ければ11月にも運用を開始する。
 環境省によると「県域で狩猟者の人材バンクを制度化し、取り組むのは全国的にも珍しい」(鳥獣保護管理室)と言う。

 登録する狩猟者は約50人。猟友会が調整役となって、能力と余力がある狩猟者や、広域で活動できる狩猟者を選出して連絡先などをリスト化する。被害発生の連絡を受けた市町が猟友会に派遣を要請し、同会が適当な狩猟者を選び出す仕組み。

 県猟友会は20支部あり、800人ほどの会員がいる。活動範囲を居住市町に限定する狩猟者が多い。地域ごとの被害と狩猟者数には隔たりがあり、人手が足りない地域に対する支援が課題となっていた。

 同県の2014年度の有害鳥獣による農作物被害面積は289ヘクタール、被害金額は1億2500万円だった。

 同県の昨年のイノシシの被害面積は78%が嶺北地域。一方、鹿は96%が嶺南地域だった。県地域農業課は「人材バンクで被害拡大を抑えたい」と説明する。

狩猟者バンク さぁ始動 鳥獣害歯止め 不足地域へ人材派遣 来月にも福井県と県猟友会

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  2. みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

    みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

  3. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  4. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  5. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  6. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. みなとみらい21の大規模複合ビル計画、JR横浜駅からペデストリアンデッキで接続

  9. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  10. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

アクセスランキングをもっと見る

page top