農業用の遠隔監視制御システムが登場、不審者侵入検知機能も 画像 農業用の遠隔監視制御システムが登場、不審者侵入検知機能も

IT業務効率

 TDIプロダクトソリューションは11月2日、農業用ハウス内にカメラを設置し、PCやスマートフォン等で確認できる「遠隔監視制御システム」を発売する。

 これまで同社が培ってきたネットワーク制御技術を活用したという同システム。IoTを取り入れたプロジェクトで、農業分野以外への拡大を目指しているという。

 農業用ハウス内のカメラによる監視だけでなく、温度・湿度・土壌水分センサーの測定データの遠隔確認にも対応。将来的な展望として「農作物の育成プロセスのデータなどを蓄積・分析し、IT技術により農作物の自動育成の実現に取り組んでいく」と同社は説明する。

 また、不審者の侵入検知機能として、動体検知カメラを使った侵入検知機能も搭載。ハウス内の動画の保存やパトランプ起動、写真付きのメール配信も可能だという。

 同社では、14日から始まる「第2回国際次世代農業EXPO」と、28日から始まる「第1回IoT/M2M展【秋】」(いずれも幕張メッセで開催)に、同システムの出展を予定している。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  2. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

    サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

  3. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  4. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  5. LINE対抗と騒がれるも実際は?キャリア3社が共同開発した「+メッセージ」とは?

  6. AI活用の次世代タクシー配車アプリ「タクベル」、DeNAがリリース

  7. “遠隔作業支援専用スマートグラス”が発売開始、現場の人手不足解消に期待

  8. ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

  9. 鹿島、コマツ/建機自動化システム開発体制強化/理研とAI導入促進チーム発足

  10. ネットとデジカメが変えた学校行事の写真販売――売上3倍

アクセスランキングをもっと見る

page top