農業用の遠隔監視制御システムが登場、不審者侵入検知機能も 画像 農業用の遠隔監視制御システムが登場、不審者侵入検知機能も

IT業務効率

 TDIプロダクトソリューションは11月2日、農業用ハウス内にカメラを設置し、PCやスマートフォン等で確認できる「遠隔監視制御システム」を発売する。

 これまで同社が培ってきたネットワーク制御技術を活用したという同システム。IoTを取り入れたプロジェクトで、農業分野以外への拡大を目指しているという。

 農業用ハウス内のカメラによる監視だけでなく、温度・湿度・土壌水分センサーの測定データの遠隔確認にも対応。将来的な展望として「農作物の育成プロセスのデータなどを蓄積・分析し、IT技術により農作物の自動育成の実現に取り組んでいく」と同社は説明する。

 また、不審者の侵入検知機能として、動体検知カメラを使った侵入検知機能も搭載。ハウス内の動画の保存やパトランプ起動、写真付きのメール配信も可能だという。

 同社では、14日から始まる「第2回国際次世代農業EXPO」と、28日から始まる「第1回IoT/M2M展【秋】」(いずれも幕張メッセで開催)に、同システムの出展を予定している。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

    【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  2. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

    大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  3. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  4. 【IoTツール最新事情:後編】中小経営者が今一番使いたいツール

  5. 【AIで変わる経営:2】明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

  6. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  7. 【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

  8. AIタクシー、 配車を最適化。予測値の正解制度は92.9%!

  9. 着用型ロボットが活躍! 園地除雪がうぃ~んと楽に!!

  10. リニア新幹線に向けて回転水平多軸式連続壁機を開発!

アクセスランキングをもっと見る

page top