農業用の遠隔監視制御システムが登場、不審者侵入検知機能も 画像 農業用の遠隔監視制御システムが登場、不審者侵入検知機能も

IT業務効率

 TDIプロダクトソリューションは11月2日、農業用ハウス内にカメラを設置し、PCやスマートフォン等で確認できる「遠隔監視制御システム」を発売する。

 これまで同社が培ってきたネットワーク制御技術を活用したという同システム。IoTを取り入れたプロジェクトで、農業分野以外への拡大を目指しているという。

 農業用ハウス内のカメラによる監視だけでなく、温度・湿度・土壌水分センサーの測定データの遠隔確認にも対応。将来的な展望として「農作物の育成プロセスのデータなどを蓄積・分析し、IT技術により農作物の自動育成の実現に取り組んでいく」と同社は説明する。

 また、不審者の侵入検知機能として、動体検知カメラを使った侵入検知機能も搭載。ハウス内の動画の保存やパトランプ起動、写真付きのメール配信も可能だという。

 同社では、14日から始まる「第2回国際次世代農業EXPO」と、28日から始まる「第1回IoT/M2M展【秋】」(いずれも幕張メッセで開催)に、同システムの出展を予定している。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ドローンの次は小型無人航空機(UAV)! 速く、長く飛行

    ドローンの次は小型無人航空機(UAV)! 速く、長く飛行

  2. サービス業のIT利用最前線!9  20万円以下で賃貸住宅のIoT化/ロボットホーム

    サービス業のIT利用最前線!9 20万円以下で賃貸住宅のIoT化/ロボットホーム

  3. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  4. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  5. 高速道路3社、ICT土工を積極展開/実施要領作成、独自基準設定し試行へ

  6. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:3

  7. 熊本城の石垣撤去で遠隔操縦装置導入、自動化、自律化へ

  8. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  9. ~スマート林業:4~誰にでも開かれた「材木屋」

  10. ~ITで攻めの農業:1~投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

アクセスランキングをもっと見る

page top