トンボとイーストボーイが学校制服分野で提携 画像 トンボとイーストボーイが学校制服分野で提携

マネジメント

 トンボ(岡山市北区)は、イーストボーイ(東京都渋谷区)と学校制服(写真)分野でのライセンス契約を結んだ。ジャケット上下からシャツ、ネクタイ、ニットやバッグまで展開。主に大都市圏の私立中高校をターゲットに2017年4月入学分から販売を開始。初年度は5校程度、3年をめどに更新と新規合わせて50校約10億円の売り上げを目指す。

 デザインは両社ですり合わせを行い、紺をベースにカーディガンなどイーストボーイの一般店頭販売品ともコーディネートしやすくする。また生地は耐久性を優先し、主にウール50―60%の混紡生地となる予定で、中心価格帯は店頭販売品をやや下回る見込み。

 少子化により学校制服市場は縮小し価格競争が続いている。イーストボーイは女子中高生に人気の高いトラッド系ブランド。そのイメージを生かし、制服デザインで差異化を図る学校を取り込み価格回復のきっかけとしたい考えだ。(岡山)

これで男子も着れる!学生服で人気のイーストボーイがトンボとコラボ

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国交省、建設業版「生産管理モデル」構築、担い手施策の予算も

    国交省、建設業版「生産管理モデル」構築、担い手施策の予算も

  2. 物流デベロッパー・トップの視点(8):三井不動産、多様なリレーションが奏功

    物流デベロッパー・トップの視点(8):三井不動産、多様なリレーションが奏功

  3. 日建連「生産性向上推進本部」設置を報告、業界の牽引役期待

    日建連「生産性向上推進本部」設置を報告、業界の牽引役期待

  4. 三菱地所が全国3カ所に新規用地取得、物流施設の開発投資加速へ

  5. 【倒産情報】野菜を工場栽培するベンチャーのみらいが民事再生法申請、譲渡により事業再建を目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top