首都高で国内初の上下層拡幅工事 大林組など 画像 首都高で国内初の上下層拡幅工事 大林組など

インバウンド・地域活性

 首都高速道路中央環状線の板橋ジャンクション(JCT)と熊野町間JCT(東京都板橋区)の間で、国内初となる上下層の車線拡幅工事が進められている。上下の道路を支える橋脚2層構造からなる高速道路の車線拡幅は、構造的に実現不可能とされ、建て替えるしかなかった。施工を担当する大林組・JFEエンジニアリング・横河ブリッジJVは、橋脚の土台の再構築でフーチングと橋脚の固定に鋼製格子部材を用いた「合成構造フーチング」など新技術を導入し、さまざまな課題を克服している。
 工事名は「板橋・熊野町JCT間改良工事」で首都高速道路会社が発注した。概要は施工延長520メートルで、場所打ち杭工(径1・5~2メートル、26~33メートル、120本)、合成構造フーチング拡幅工11基、RCフーチング工3基、RCフーチング拡幅工2基。工期は12年9月~18年3月。
 板橋JCTと熊野町JCTは、上下線合わせて一日当たり15万台の車両が行き来する交通の要所。両JCTは1本の直線道路でつながっているが、この区間では慢性的に渋滞が発生し、早急な対策が求められていた。
 工事では、3車線の両側を1・7メートルずつ広げて4車線化する。現在は橋脚の土台を一回り大きくするため、土台の再構築が進む。合成構造フーチングは、今回の工事用に首都高速道路会社と大林組が共同開発した。
 16本中11本の橋脚基部に採用。フーチングと橋脚の固定に、アンカーフレームに替わる鋼製格子部材を用いるのが特徴で、埋め戻しに必要な一定の土かぶり厚を少なくできるという。
 ラケット式と呼ばれる橋脚が上下層の道路を支持している。上層を支える側柱が下層の拡幅に支障となるのが課題。「サンドイッチ工法」と呼ぶ新工法を導入し、既設橋脚の前後を、拡幅分だけ側柱を広げた新設橋脚で挟み込んで道路を受け替えし、既設橋脚を撤去した後、道路を広げる方法を考案した。
 この新設橋脚の建て込みはJVの他社が担当しており、大林組は既設橋脚の撤去を今秋から始める予定だ。ラケットの先端に当たる横梁は乾式ワイヤソーで1ブロック20トンに切断し、日本通運と共同開発したリフト機能付きの特殊トレーラーで段階的に撤去する。CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)で作業手順をシミュレーションし、本番に備えている。
 工事の詳細は、大林組のホームページ「プロジェクト最前線」(http://www.obayashi.co.jp/projects/project32)で紹介している。

大林組JV/首都高で国内初の上下層拡幅/合成構造フーチングなど導入

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  2. 中野区の新区役所庁舎基本設計、現庁舎の北西側に移転、改築

    中野区の新区役所庁舎基本設計、現庁舎の北西側に移転、改築

  3. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  4. みなとみらい21の新港地区客船ターミナル施設整備/ラグビーW杯に向けホテルも

  5. 現役高校生が考える地域活性化ビジネス……千葉商科大「地元再発見コンテスト」が開催

  6. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  8. ~着地型観光:1~外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  9. 最先端のテキスタイルを世界へ!小松精練が今年もパリで単独個展

  10. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

アクセスランキングをもっと見る

page top