【回転窓】ラグビーW杯開催国の責任

海外進出

 あの日から、日本国内のラグビー人気に陰りが生じた。1995年6月4日。ラグビーワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、日本がニュージーランドに145対17で大敗した日だ▼既に決勝トーナメント進出を決め、控え選手主体の相手に実力差を見せつけられた。その大会でニュージーランドと激闘の末、優勝を遂げたのが南アだ▼南アにも、アパルトヘイト政策で国際試合に出られぬ低迷時代があった。一変させたのは大統領だったネルソン・マンデラ氏だ。黒人と白人の融和を図りながら代表チームを強化。白人のスポーツだったラグビーを変革し、すべての国民が応援する素地を作り上げた。南ア大会では、勝ち進むごとに国民が熱狂。W杯初出場だったにもかかわらず、優勝することで大会を盛り上げ、開催国の責任を果たした▼先日、W杯英国大会で日本が南アを破ったことで、日本国内でも再びラグビー人気が。だが、熱しやすく冷めやすいのが日本国民▼英国大会での成績にかかわらず、4年後には日本にラグビーW杯がやってくる。国民を挙げて開催国の重い責任を果たさなければならない。

回転窓/ラグビーW杯開催国の責任

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  2. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  3. 建設コスト高い都市はどこ? 蘭コンサルが世界44都市比較

    建設コスト高い都市はどこ? 蘭コンサルが世界44都市比較

  4. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  5. チャイナショックどこ吹く風、流通大手の中国展開加速

  6. HISがタイ人向け旅行サイトでワイン販売

  7. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  8. 双日出資のPSL社、ミャンマーで冷蔵・冷凍対応の物流業参入

  9. 大規模爆発事故の天津地区、日系企業進出状況を調査

  10. TPP協定交渉開始、マレーシアの関心はISDS条項と医薬品条項、貿易の強化

アクセスランキングをもっと見る

page top