【回転窓】ラグビーW杯開催国の責任

海外進出

 あの日から、日本国内のラグビー人気に陰りが生じた。1995年6月4日。ラグビーワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、日本がニュージーランドに145対17で大敗した日だ▼既に決勝トーナメント進出を決め、控え選手主体の相手に実力差を見せつけられた。その大会でニュージーランドと激闘の末、優勝を遂げたのが南アだ▼南アにも、アパルトヘイト政策で国際試合に出られぬ低迷時代があった。一変させたのは大統領だったネルソン・マンデラ氏だ。黒人と白人の融和を図りながら代表チームを強化。白人のスポーツだったラグビーを変革し、すべての国民が応援する素地を作り上げた。南ア大会では、勝ち進むごとに国民が熱狂。W杯初出場だったにもかかわらず、優勝することで大会を盛り上げ、開催国の責任を果たした▼先日、W杯英国大会で日本が南アを破ったことで、日本国内でも再びラグビー人気が。だが、熱しやすく冷めやすいのが日本国民▼英国大会での成績にかかわらず、4年後には日本にラグビーW杯がやってくる。国民を挙げて開催国の重い責任を果たさなければならない。

回転窓/ラグビーW杯開催国の責任

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~国産家具を世界へ!:3~中国・韓国市場は高級家具で勝負

    ~国産家具を世界へ!:3~中国・韓国市場は高級家具で勝負

  2. オーストラリアの建設コンサルタント業界、女性の活躍を推進

    オーストラリアの建設コンサルタント業界、女性の活躍を推進

  3. 日本の建設コンサルの海外業務受注、14年度は3.3%減の933億円

    日本の建設コンサルの海外業務受注、14年度は3.3%減の933億円

  4. 国交省、バングラデシュのPPP対象候補案件絞り込み/高速道路など3分野

  5. 日建設計、豪バカンとの業務提携で来年1月より人材・技術交流

  6. 国交省、ベトナムで初の合同就職説明会開く/中小建設企業の海外進出支援の一環

  7. ミャンマー、左ハンドル車を義務づけへ…約90%が右ハンドル

  8. レオパレス21がジャカルタ進出、日系企業向け社宅・オフィス紹介

  9. 石井国交相が米にリニア新幹線輸出PR、交通分野協力で共同声明

  10. フィリピンでの再生エネ事業、ノウハウを国内に逆輸入

アクセスランキングをもっと見る

page top