ペトロブラス社、ブラジル国内の燃料価格値上げ 画像 ペトロブラス社、ブラジル国内の燃料価格値上げ

海外進出

ブラジル国内の燃料価格値上げ
29日、ブラジル国営石油会社ペトロレオブラジレイロ社(以下ペトロブラス社)は、燃料の需要増加や利益率の増加を目的に、国内のガソリン価格を6%、ディーゼル価格を4%、値上げすることを決定した。

値上げは30日より実施されたが、2014年11月の値上げに続き、二回目の値上げとなった。

また、値上げ決定には、ペトロブラス社が抱える負債額の増加、石油価格の下落なども関係するとも言われている。

世界一負債の多い石油会社となったペトロブラス社
国内のインフレ状態を抑制する為に、ペトロブラス社は、数年間に亘り、石油を輸入し、ブラジル国内にて販売してきた。しかしながら、国内での石油販売は赤字が続き、巨額の負債を抱えた。

また、2010年から2014年まで、ブラジル政府はインフレを理由に国内の燃料価格を国際価格レベルより安価に設定していた。

ペトロブラス社は国内にて販売独占状態であるが、現在、世界一負債の多い石油会社であるという。財政補強には、ブラジル国内の燃料価格を国際価格レベルまで上げることが重要となる。

なお、今年、世界の燃料価格は急激に下落した。対ドルで35%のレアル安となり、ブラジル国内のガソリンスタンドでは燃料価格が値下がりしたという。

ブラジル経済におけるペテロブラス社の影響力
専門家らは、ペトロブラス社の値上げにより2015年のインフレは9.2%から9.5%と推測し、国内経済に与える影響は大きいと述べている。

(画像はPetrobras HPより)

ペトロブラス社 ブラジル国内の燃料価格値上げ

《南米ニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  2. スズキ GSX250R、中国では即900台売れた!

    スズキ GSX250R、中国では即900台売れた!

  3. 双日、ミャンマーで外食事業に参入。3月にフードコートをオープン

    双日、ミャンマーで外食事業に参入。3月にフードコートをオープン

  4. 【日本式介護の輸出:2】アジア進出の実績が人材を循環させる!

  5. タイの自動車整備工具業界が活況! 背景には中間層の勃興

  6. 昨年度の国産農畜産物輸出額、牛肉と緑茶は過去最高!

  7. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  8. トランスコスモス、ジャカルタにオペレーション拠点を設立

  9. 世界銀行、ミャンマーの経済成長予測を発表。日本より順調ながら・・・

  10. 日産がミャンマーで「サニー」の生産開始、市場拡大へ

アクセスランキングをもっと見る

page top