マレーシアで国際見本市開催、福島県の企業などが売り込み 画像 マレーシアで国際見本市開催、福島県の企業などが売り込み

海外進出

福島県からの輸入規制がないマレーシア
9月29日から10月2日までの間、マレーシアのクアラルンプール・コンベンション・センターで国際食品・飲料・ホテル・レストラン・食品サービス機器及び関連技術の見本市「FHM2015」が開催され、日本貿易振興機構(ジェトロ)は「ジャパン・フード・パビリオン」を設置した。パビリオン設置は2回目で、福島県などの企業を含む35社の日本企業が出店した。

2ブースを設けた福島県貿易促進協会では、菱沼農園(福島県福島市)がリンゴ果汁を煮詰めてトロトロの蜂蜜状にした「りんご蜜」を、伊達水蜜園(福島県伊達市)がリンゴを加工したコンポートとジュースを、全国農業協同組合連合会福島県本部(JA全農福島)がモモ、ナシ、ネギ、ブロッコリーを紹介した。

原発事故による輸入制限が残る中華圏に対し、マレーシアは福島県からの輸入規制がなく、他県からの売り込みも比較的少ないため、福島県は果物などの輸出先として売り込みに力を入れる予定。

世界最大規模の見本市
「FHM2015」はMALAYSIAN EXHIBITION SERVICES(MES)が主催しており、2013年の開催時には50の国・地域から、1,160社・団体の出品者が参加し、65ヶ国から18,865人が来場した。

輸入規制少なく商機大、マレーシアの見本市で福島県などの企業が売り込み

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 【2016年震災特集】駐日チリ大使に聞く、防災協力の輪を世界に

    【2016年震災特集】駐日チリ大使に聞く、防災協力の輪を世界に

  2. 長大、ベトナムで地域創生支援事業展開、農業テーマパークも!

    長大、ベトナムで地域創生支援事業展開、農業テーマパークも!

  3. 無洗米&水をセットで輸出へ!現地ニーズにマッチさせる商法

    無洗米&水をセットで輸出へ!現地ニーズにマッチさせる商法

  4. 急成長するミャンマー自動車ビジネス、日系企業はどう見る?

  5. 経済発展に湧くベトナムでの日系企業の挑戦

アクセスランキングをもっと見る

page top