国交省が15年度建設投資見通し発表、前年度5.5%減 画像 国交省が15年度建設投資見通し発表、前年度5.5%減

制度・ビジネスチャンス

 国土交通省は2日、15年度の建設投資見通しを発表した。投資総額(名目値)は48兆4600億円と前年度を5・5%下回る見通し。国の当初予算は14、15年度とほぼ横ばいになったが、14年度は13年度の大型補正予算の多くが繰り越されて建設投資額が膨らんだことから、15年度の政府投資はその反動で少なくなる。一方、民間投資は14年4月の消費増税前の駆け込み需要に対する反動減を脱しつつあるとみている。
 15年度の建設投資見通しの内訳は、政府投資が前年度比14・2%減の20兆1600億円、民間投資が1・8%増の28兆3000億円。
 政府投資が前年度比で2桁の大幅減になる最大の要因は、補正予算による上積みが少なくなることだ。国の当初予算はほぼ横ばいで推移してきているが、補正予算は13年度が総額5兆4654億円(国交省分7481億円)の大型になり、その多くは14年度に執行が繰り越された。一方、14年度に編成された補正予算は3兆1180億円(同5451億円)と小型で、15年度への執行繰り越しも少なかった。
 このため、15年度に補正予算の編成がなければ政府投資は大きく落ち込む見通しだ。
 民間投資は、景気の回復傾向を反映して堅調に推移する見通しだ。民間投資のうち住宅投資は1・9%増の14兆8400億円、土木投資を含む非住宅建設投資は1・7%増の13兆4600億円と見込んでいる。
 民間の建設投資は、住宅を中心に14年4月の消費増税を前に駆け込み需要が起きた反動で落ち込みが続いていたが、国交省はその影響を脱しつつあるとみている。
 同時に発表した15年度の建築物リフォーム・リニューアル投資額の見通しは過去最高の11兆2300億円(前年度比6・7%増)となっている。

15年度建設投資見通し、5・5%減/政府部門2桁減、民間は堅調に推移/国交省

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 朝ドラ『べっぴんさん』に見る、うまくいく “両輪経営”

    朝ドラ『べっぴんさん』に見る、うまくいく “両輪経営”

  2. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  3. 国交省が中建審に「新たな検討の場」の設置提案

    国交省が中建審に「新たな検討の場」の設置提案

  4. 国交省、社会保険未加入の一次下請け8月から完全排除、自治体波及の動きも

  5. マイナンバーを確実に破棄、世界最小細断シュレッダー「極美」シリーズ

  6. リニア新幹線南アルプストンネル導水路を建設、全体工程7年想定

  7. 国交省が指名停止期間中の工事下請禁止ルール解釈を明確化、元請への資材販売は可能

  8. 工事請負契約、引き渡し時点の消費税率適用を

  9. 【外国人技能実習生:3】中国とベトナムの実習生最新事情

  10. 「国家戦略特区」その後。ドローン、民泊、外国人就労・・・合格点は?

アクセスランキングをもっと見る

page top