東京都が施設整備で専門家の意見聴取へ…2020年東京五輪

インバウンド・地域活性

 東京都は、2020年東京五輪に向けて都が整備する競技施設について、基本設計や実施設計の妥当性について外部の意見を聞くため、「都立競技施設整備に関する諮問会議」を設置する。建築や土木、スポーツ、法律の専門家7人で構成し、それぞれの立場から設計内容などについて意見を求める。
 委員は、建築の専門家が射場本忠彦東京電機大教授、工藤和美東洋大教授、深尾精一首都大学東京名誉教授、土木が岸井隆幸日大教授と清宮理早大教授、法律では東京平河法律事務所の橋本勇弁護士、スポーツ界から増田明美大阪芸術大教授が参加する。
 都が建設する競技施設の設計などについて、それぞれ専門的な視点から意見を聴取し、今後の施設整備に反映させるのが目的。
 初会合は9日午前10時15分から東京都千代田区の国際フォーラムで開催。今後デザインビルド方式での発注を予定している3施設(オリンピックアクアティクスセンターと海の森水上競技場、有明アリーナ)の基本設計の性能や仕様、コストなどについて意見を求める。
 2日の定例記者会見で舛添要一知事は「新国立競技場が白紙撤回になったプロセスの反省を踏まえて、同じ轍(てつ)を踏まないのが原則。専門家の立場から都民の疑問に的確に答え、理解を得ていきたい」と述べた。

東京都/五輪競技施設整備で諮問会議設置/設計の妥当性で専門家の意見聴取

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  3. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

    斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  4. 公共工事激減でも建設業が元気なまち(岩手県紫波町)

  5. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  6. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  7. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. 品川駅西口駅前広場整備、リニア新幹線開通で未来型の空間へ

  10. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

アクセスランキングをもっと見る

page top