主食用米の生産量は747万トン……生産調整、初の目標達成  画像 主食用米の生産量は747万トン……生産調整、初の目標達成 

マネジメント

 農水省は2日、2015年産米の全国の作況指数(9月15日現在)が「平年並み」の100だったと発表した。同時に発表した主食用米の作付面積(同)は、飼料用米を中心に転作が広がり、当初予想を超えて減少した。この結果、主食用米の生産量は747万トンと生産数量目標を4万トン下回る見通し。04年産に生産調整が現行の仕組みになって以降、初めて目標を達成する。

 04年産以降の主食用米の生産量は、目標を上回る状態が続いてきた。超過数量はピーク時には50万トンに達し、前年産も23万トンあった。それが一気に解消したことは、15年産の大幅な需給改善を浮き彫りにし、米価安定の好材料となりそうだ。

 同省が発表した米の作柄概況によると、全国の10アール当たりの予想収量は前年産より3キロ少ない533キロ(ふるい目1.7ミリベース)、作況指数は100(各地域で農家が使うふるい目ベース)だった。

 作況指数は、東日本はおおむね平年並み以上だった一方、西日本は6月以降の低温・日照不足の影響で振るわなかった。宮崎や鹿児島など4県が「不良」となり、先の豪雨で被害を受けた茨城県も「やや不良」にとどまった。

 一方、主食用米の作付面積は、前年産より6万8000ヘクタール少ない140万6000ヘクタールで、目標の面積換算値を1万3000ヘクタール下回った。当初は8000ヘクタール下回ると見通していたが、精査した結果、予測を超えて転作が増えた。重点的に推進した飼料用米は、2倍を超える8万ヘクタールに伸びた。

 今回発表した作況指数と作付面積を基に計算すると、主食用米の生産量は747万トンで、目標(751万トン)を4万トン下回る結果となった。これに伴って来年6月末の民間在庫量も207万トンまで減り、米価安定の目安とされる200万トンに大きく近づくことになる。

 15年産米の生産をめぐっては、順調な転作を背景に、面積ベースでは目標を下回り、過剰作付けが解消される見通しとなっていた。ただ肝心の数量ベースでは、作柄が豊作となれば目標を上回る可能性があり、今回の作況指数の行方が注目されていた。

水稲作況100、747万トン 9月15日 生産目標 初の達成 

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 建設業向け生産管理モデル構築へ……製造業参考に

    建設業向け生産管理モデル構築へ……製造業参考に

  2. 「ジャパンブランド」の活性化を図る一大プロジェクトがスタート

    「ジャパンブランド」の活性化を図る一大プロジェクトがスタート

  3. 公共工事の着工前の技術者配置、国交省が「余裕期間は配置不要」明確化

    公共工事の着工前の技術者配置、国交省が「余裕期間は配置不要」明確化

  4. 海外進出を現地パートナーが支援、マッチングサービスが登場

  5. シェアビジネスを変える…運送会社と軽トラ便の即時マッチングサービス

  6. 事業を継がせる・継ぐ年齢は? 準備資金は? 事業承継調査

  7. グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

  8. 特許技術による他社牽制力ランキング トップはデンソー

  9. 3割強が「商品購入」「サービス利用」の利用――「メルマガ」に関する意識調査

  10. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

アクセスランキングをもっと見る

page top