オートバックスセブン、マレーシアに4店舗目をオープン 画像 オートバックスセブン、マレーシアに4店舗目をオープン

海外進出

ジョーホール州に4店舗目をオープン
2日、自動車関連用品販売やメンテナンスサービスを提供するオートバックスセブンはマレーシアに同社4店目となる「オートバックスセリオーキッド店」をオープンした。新しい店舗はジョホール州タマン・セリオーキッド地区に位置し、近隣にはレストランや大型マーケットが集まる商業施設がある。

新店舗は「カークリニック」という看板を掲げ、自動車の不調時やメンテナンスの際、気軽に立ち寄れるお店を目指す。店内にはエンジンオイル、タイヤ、バッテリーなどを中心に約350品目を取り揃え、購入した部品をすぐに取り付けられるピットも3台備える。

極めて高いマレーシアの自動車保有率
2013年に実施された「ニールセン 自動車需要に関するグローバル調査」によると、東南アジアの自動車保有率は他地域よりも低いが、マレーシアは例外だという。マレーシア全世帯の自動車保有率は93%で世界第三位、また、2台以上保有している割合は54%で世界第一位を記録している。

同調査によるとマレーシアの自動車所有者の買い換え意欲は非常に高く、「金銭的余裕があればもっと良い自動車に買い替えたい」と回答した人は93%に上った。
《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. 1本10万円のソースが中東で売れた!ハラール食品の開発で海外展開に活路

    1本10万円のソースが中東で売れた!ハラール食品の開発で海外展開に活路

  3. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  4. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  5. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  6. 居酒屋「四十八漁場」、シンガポールに初の海外店

  7. 不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

  8. 大和ハウスと大成建設、ベトナムで総事業費約100億円の初弾!

  9. ラオスの空港ターミナル拡張が起工、円借款で施工は安藤ハザマ

  10. グローバル化対応コミュニケーションと言葉の壁

アクセスランキングをもっと見る

page top