オートバックスセブン、マレーシアに4店舗目をオープン 画像 オートバックスセブン、マレーシアに4店舗目をオープン

海外進出

ジョーホール州に4店舗目をオープン
2日、自動車関連用品販売やメンテナンスサービスを提供するオートバックスセブンはマレーシアに同社4店目となる「オートバックスセリオーキッド店」をオープンした。新しい店舗はジョホール州タマン・セリオーキッド地区に位置し、近隣にはレストランや大型マーケットが集まる商業施設がある。

新店舗は「カークリニック」という看板を掲げ、自動車の不調時やメンテナンスの際、気軽に立ち寄れるお店を目指す。店内にはエンジンオイル、タイヤ、バッテリーなどを中心に約350品目を取り揃え、購入した部品をすぐに取り付けられるピットも3台備える。

極めて高いマレーシアの自動車保有率
2013年に実施された「ニールセン 自動車需要に関するグローバル調査」によると、東南アジアの自動車保有率は他地域よりも低いが、マレーシアは例外だという。マレーシア全世帯の自動車保有率は93%で世界第三位、また、2台以上保有している割合は54%で世界第一位を記録している。

同調査によるとマレーシアの自動車所有者の買い換え意欲は非常に高く、「金銭的余裕があればもっと良い自動車に買い替えたい」と回答した人は93%に上った。
《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  3. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  4. ミャンマー観光への外国からの投資は約30億ドル、さらにアピール

  5. ミャンマーの新しいリゾート地開発を観光省が発表ーメルグイ諸島

  6. 日本産の紅茶、英国で評価…コンテスト入賞相次ぐ

  7. 不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

  8. Youは何買いに日本へ? 輸出EXPOで聞きました/圧倒的な人気はこれでした

  9. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  10. ホンダが東南アジアにおけるシェアリング事業へ進出

アクセスランキングをもっと見る

page top