福島県・三島大橋補修、10月27日に起工式…東北整備局直轄で 画像 福島県・三島大橋補修、10月27日に起工式…東北整備局直轄で

インバウンド・地域活性

 東北地方整備局が福島県三島町の代わりに補修を行う宮下名入線三島大橋補修工事の起工式が、27日に開かれる。インフラの維持管理を行う余力がない自治体に代わり、同局が点検・調査と補修を行う新たな取り組みの一環。町が管理する同橋(橋長131メートル)を直轄事業で補修する。
 施工は矢田工業が担当。式典は、三島町宮下下乙田889で行われる。
 工事内容はボルト交換1万9400本、塗り替え1100平方メートル、足場工一式。工期は16年1月29日。
 同局は一昨年秋にメンテナンスの専門家を現地に派遣して老朽化診断を行い、補修の可否や対策工の内容などを決めた。
 診断では、橋に使われた1万9468本の高力ボルトのうち88本が破断し脱落していたことが分かった。
 ボルトは脱落しやすい状態にあり、向こう5年以内にボルトの脱落するペースが速まると予想されることから、速やかに交換することにした。補修工事ではボルトを交換し、橋全体を塗装し直す。
 三島大橋の橋梁形式はアーチ橋。築約40年が経過している。
 自治体の橋を国が補修する取り組みは、同橋を含め全国で3件が試行される。

東北整備局/直轄事業で三島大橋(福島県三島町)補修/10月27日に起工式

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  3. 【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

    【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

  4. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  5. 富裕層インバウンドの法則その2

  6. 越境ECから訪日客まで、中国人向けSNS戦略の落とし穴

  7. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 新銘柄は高級路線、16年産米の商戦本格化

  10. 海外ビジネスとのパイプ活用、金沢工大が石川県の食を海外へ売り込む!

アクセスランキングをもっと見る

page top